/

この記事は会員限定です

TPPの誤解、薄らぐ 米から新たな要求も

公的医療保険廃止の要求なし・関税撤廃に例外の余地

参加準備、国内外で加速

[有料会員限定]

環太平洋経済連携協定(TPP)への交渉参加に向けた事前協議が進む中、不透明だったTPP反対論の真偽が徐々に明らかになってきている。すでに「米国が公的医療保険の廃止を要求する」などの推測が、誤りであると判明。ただ米産業界からは日本市場開拓を狙った要求も相次ぐ。政府は19日以降、国内向け説明会参加や米などとの事前協議を予定し、国内外で交渉参加への準備を加速する。関係国の姿勢を見極め、国民の誤解をどれ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1133文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン