/

この記事は会員限定です

サントリーHD、蒸留酒1兆円に

20年目標、佐治社長が表明 「ビーム」の世界販路活用

[有料会員限定]

サントリーホールディングス(HD)の佐治信忠社長は15日の記者会見で、「2020年に蒸留酒事業で売上高1兆円を目指す」と述べた。1日に買収手続きを完了した米蒸留酒最大手「ビーム」の販路を活用。国産を含めたウイスキーの売上高を13年比で約7割引き上げ、世界市場でのシェアを高める。買収によって膨らんだ借入金に見合って収益を拡大できるかが課題だ。

佐治社長と、買収後に社名変更したビームサントリー(米イリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り709文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン