世界に迫る無秩序の影 終戦75年、戦後民主主義の岐路

世界に迫る無秩序の影終戦75年、戦後民主主義の岐路

■米国主導で構築した戦後の国際システムは老朽化が顕著

■中ロは国連などの弱体化進め、国際秩序切り崩しに動く

■国内で政治分断が深刻な米国は秩序立て直す余裕なく…

「中国、極めて重大な懸念」 河野防衛相インタビュー

河野太郎防衛相は日本経済新聞のインタビューで、軍事的に台頭する中国について「極めて重大な懸念だ」と述べた。同国も念頭にミサイル防衛の拡充に臨む考えを示した。日米同盟で抑止力の強化に取り組み、日本の役割拡大を含めて政府内で議論する方針を明らかにした。

防衛省は中国に関して2018~20年版の防衛白書で「わが国を含む地域と国際社会の安全保障上の強い懸念」と記述している。東シナ海や南シナ海での活発な活…

バイデン氏はどんな人? イチから分かる民主党

米中西部ウィスコンシン州で8月17~20日に開かれる民主党全国大会で、バイデン前副大統領が2020年の大統領選の民主党候補として正式に指名されます。「リベラル」と言われる民主党と「保守」とされる共和党の二大政党制をとる米国ですが、民主党とはどんな政党なのか、歴史をたどります。

■「ロバ」がシンボル、イメージカラーは「青」

次に主な歴代大統領を見てみましょう。

■フランクリン・ルーズベルト大統領

世界…

戦後生まれ8割 戦争の記憶、令和に語り継ぐ

戦後75年。昭和から平成、令和と時代が移り、戦争体験者が急速に減っている。戦後生まれの人口が全体の8割を超え、戦争が「記憶」から「歴史」へと変わりつつあるなか、戦争の惨禍を次代に伝えていく取り組みが重要になっている。

総務省の人口推計によると、2019年10月1日現在、戦後生まれの人口は1億655万人で、全体の84.5%を占める。一方、戦前生まれは1962万人。現在と同じ形式で人口推計が始まった…

エンタメ風に障害体験、ミュージアムなど東京で開業

ダイバーシティや多様性の確保といった言葉をよく聞くようになったが、身近では実感するのが難しい。しかし最近、エンターテインメント的な要素を加えて障害を疑似体験しながら知ることができる施設ができはじめている。夏休みに訪れてみてはいかがだろう。

7月1日、東京・墨田の丸井錦糸町店5階に「ミライロハウスTOKYO」がオープンした。ユニバーサルデザインのコンサルティングなどを行うミライロ(大阪市)が運営す…

小泉環境相が靖国参拝 閣僚4年ぶり、首相は見送り

小泉進次郎環境相は15日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。終戦の日にあわせた閣僚の参拝は2016年以来4年ぶり。19年まで3年連続で安倍晋三首相も閣僚も参拝しなかった。

首相は13年12月に参拝した。終戦の日は第2…

新型コロナ、国内感染者5万3186人 新たに1356人確認

新型コロナウイルスの最新のニュースをこちらのページでまとめてお読みいただけます。…

瀬戸内寂聴さん寄稿 コロナ禍の日常は「戦争より惨め」
せとうち・じゃくちょう 1922年徳島県生まれ。近刊に秘書・瀬尾まなほさんとの共著「寂聴先生、コロナ時代の『私たちの生き方』教えて下さい!」。

瀬戸内寂聴さん寄稿コロナ禍の日常は「戦争より惨め」

3カ月に一度行く病院へ、約束の検査に行く。30年も前に、親しい女性編集者から、

「天下一の名医でいらっしゃるから」

と紹介されたK医師は30年前と同じく身だしなみ良く、さっぱりした表情で迎えてくれる。小指にもさわらず、体内写真をしげしげと眺めるだけである。それでもその医師ひとりに頼りきって、大きな手術を3度したし、その度、けろりと元気を取り戻し、年齢にふさわしくない徹夜をつづける仕事ぶりを改めもせ…

夏こそ「海」映画 青の映像美
(C)1988 Gaumont

夏こそ「海」映画青の映像美

海面にきらめく光、打ち寄せる波、水中に広がる神秘の世界。夏といえば海を思い浮かべる人は多いはず。海が登場する名作映画を専門家14人が選んだ。

■今週の専門家▽荒川久幸(東京海洋大学教授)▽大井七世美(日本サーフィン連盟・海女)▽大継康高(うみぞら映画祭プロデューサー)▽木村尚(海辺つくり研究会)▽小坂剛(神戸海洋博物館)▽後藤ゆかり(月刊「マリンダイビング」編集長)▽杉森雄幸(海洋写真家)▽田久保雅…

PR

stay ahead with our exclusive insights on asia

Nikkei Asian Review brings you the Asian business, politics and economy stories others miss. Read exclusive content as well as translations from the Nikkei.

Do not show this message again (今後このメッセージを表示しない)

利便性向上、利用分析および広告配信等のためにクッキーを利用してアクセスデータを取得しています。詳しくは「データ利用について」をご覧ください。オプトアウトもこちらから可能です。