グラブ配車アプリ、日本でも 訪日客の移動スムーズに
自国で使っているグラブの配車アプリを日本でも使えるようになる

グラブ配車アプリ、日本でも訪日客の移動スムーズに

■グラブは東南アジア最大のスタートアップ

■ジャパンタクシーと連携、日本の配車アプリでは初めて

■自国で慣れたサービスへの安心感で訪日客増加も…

「IT×教育」中国躍進 投資額・企業数、米を上回る

【大連=渡辺伸】IT(情報技術)による教育サービス「エドテック」で中国企業が躍進している。スタートアップ投資額とユニコーン(企業価値10億ドル=約1100億円以上の未上場企業)数で、米国を上回り世界首位となった。アリババ集団などネット大手の支援で技術力を高めており、人工知能(AI)を使ったネット授業が人気だ。巨大市場を巡る争奪戦が激しくなる。

▼エドテック 教育(エデュケーション)とIT技術(テク…

日韓GSOMIA、米国を突き動かす「陰の主役」

異様な光景だ。トランプ米政権の高官が代わる代わる韓国の首都ソウルを訪れ、文在寅(ムン・ジェイン)政権に対し、23日午前0時に失効する日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄決定を撤回するよう迫っている。日本以上に奔走する米国をかきたてるものは何か――。

米国の最大のターゲットは、韓国大統領府の金鉉宗(キム・ヒョンジョン)国家安保室第2次長だろう。文大統領の側近で、盧英敏(ノ・ヨンミン)大統…

孫氏の本音はさざ波決算? 4~9月期・記者座談会

上場企業の2019年4~9月期決算では、開示された数字だけでは分からない意外な景気動向や経営者の思いが垣間見えた。業績記事には書き切れなかった決算の「実相」を記者座談会で振り返った。

デスク ソフトバンクグループ(SBG)は第2四半期の最終損益が7001億円の赤字だった。孫正義会長兼社長は「ぼろぼろ。大嵐だ」とコメントしていた。

A メディアで多く取り上げられたのはそこだけど、「反省はするが萎縮…

世界の半導体が増益転換、10社の7~9月 需要回復で

世界の半導体メーカーの業績が復調してきた。14日までに2019年7~9月期決算を発表した大手10社の純利益は前の四半期と比べて4四半期ぶりに増益に転じた。IT大手によるデータセンター投資が回復基調で、半導体市況に底入れ機運が高まっている。次世代通信規格「5G」の商用化も追い風だ。ただ米中貿易戦争など不透明要因も多く、慎重な見方も根強い。

韓国サムスン電子や米インテルなど株式時価総額上位10社の7…

首相「後援会支出一切なし」 桜を見る会の人数増反省

安倍晋三首相は15日、首相主催の「桜を見る会」と前日の「前夜祭」を巡る問題について説明した。地元有権者を多数招いたことについて「全ての費用は参加者の自己負担だ。安倍事務所、後援会の収入・支出は一切ない」と強調した。出席者が近年増えたことには「反省しなければならない」と述べた。野党は公開質問状を首相の事務所に渡しており、今後も追及する構えだ。

首相は同日昼と、午後6時すぎからの2度にわたり、首相官…

コクヨ、ぺんてるを敵対的買収方針 ぺんてる側は反発

文具最大手のコクヨは15日、筆記具大手ぺんてるの既存株主から株式を買い取り、同社の買収を目指すと発表した。1株3500円で取得し、議決権比率を現在の37.8%から50%超に引き上げる方針だ。買収には約38億4千万円かかる。コクヨはぺんてるに出資しながら提携を協議してきたが、膠着状態に陥っている。経営権を握り事態を打開したい考えだが、ぺんてるは反発している。

【関連記事】

コクヨ社長、「ぺんてるの裏切…

深夜のキャッチボール 三木谷氏と誓った優勝

深夜のキャッチボール三木谷氏と誓った優勝

「これで本当に大丈夫か?」。安部井寛はその光景を目にした時の不安を今も覚えている。2004年11月、大阪南部にある藤井寺球場。オリックスとの合併に追い込まれた近鉄バファローズがかつて本拠を置いた球場で、生まれたばかりの東北楽天ゴールデンイーグルスが秋季キャンプを行っていた。

■練習に交じる球団代表

ユニホームが間に合わず全員白シャツ。まるで高校球児のようないでたちだ。外野の球拾いは大学生のアルバイ…

大嘗祭の中心儀式、15日未明に終了
「主基殿供饌の儀」のため「主基殿」に向かう天皇陛下(15日未明、皇居・東御苑)=代表撮影代表撮影

大嘗祭の中心儀式、15日未明に終了

皇居・東御苑で14日に始まった天皇陛下の即位に伴う皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」は、中心儀式の「大嘗宮の儀」が15日午前3時15分ごろ終了した。陛下は神前に新穀を供え、国の安寧と五穀豊穣(ほうじょう)を即位後初めて祈られた。

陛下は今後、16日と18日に参列者を宮殿に招いて料理などを振る舞う「大饗(だいきょう)の儀」を開くほか、皇…

PR

stay ahead with our exclusive insights on asia

Nikkei Asian Review brings you the Asian business, politics and economy stories others miss. Read exclusive content as well as translations from the Nikkei.

Do not show this message again (今後このメッセージを表示しない)