中国の出生数、20年は2割弱減少 総人口14億1177万人
北京市内の交差点を行き交う市民たち(10日)=共同共同

中国の出生数、20年は2割弱減少総人口14億1177万人

■10年間の年平均の人口増加率は前回より鈍化

■高齢者が人口に占める割合は13.5%に上昇

■少子高齢化の加速は経済成長や財政の重荷に…

パイプライン攻撃のダークサイド、企業のような犯罪集団

【シリコンバレー=白石武志】米最大規模の石油パイプラインがサイバー攻撃によって停止した事件で、「DarkSide(ダークサイド)」と呼ばれるハッカー集団が犯行声明を出した。「ランサムウエア」を使ってデータを盗み、金銭を要求する犯罪集団でありながら、被害者向けの電話窓口を備えるなど企業のような振る舞いをすることで知られる。背景に浮かび上がるのは、サイバー攻撃がある種の産業となりつつある実態だ。…

米パイプライン復旧、時間との戦い 週またげば混乱拡大

【ニューヨーク=中山修志】サイバー攻撃による米東部の燃料パイプラインの停止は11日で5日目に入る。運営会社は10日、今週末までに再開をめざすと表明。実現すればエネルギー輸送の大動脈を狙ったサイバー攻撃は混乱が広がる前に収束に向かう。一方、輸送網の目詰まりが来週まで続けば、製油業者が生産停止を迫られガソリン価格が急騰するなど傷が深まる。復旧は時間との戦いになる。

米連邦捜査局(FBI)は10日、サ…

発想の大転換迫る 温暖化ガス排出「46%削減」の難路

日本の温暖化ガス排出を、2030年度までに13年度比で46%減らす。菅義偉首相が明らかにした新目標をどう達成するか、政府内で議論が始まった。だが、目標設定の「考え方」が従来の丁寧な積み上げ式から、あるべき将来を起点とした「バックキャスティング(遡り式)」に近い形に事実上、大きく変わったため、白紙に近い状態からのスタートとなる。

「我々もドタバタだった。最後の最後で(このような数字が決まり)、正直…

日経平均大幅反落、午前終値812円安の2万8705円

11日午前の東京株式市場で日経平均株価は大幅反落した。午前終値は前日比812円39銭(2.75%)安の2万8705円95銭だった。10日の米国市場で米長期金利の上昇を背景にハイテク株が売られ、日本株の重荷になった。業績拡大への期待先行で買われてきた半導体関連株などに売り注文が膨らんだ。

10日の米株式市場でハイテク比率が高いナスダック総合株価指数と主要な半導体銘柄で構成されるフィラデルフィア半導…

コスモ、全直営給油所を再生エネ電力に 自社系風力活用

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。データ解説や最新ニュースもまとめてお読みいただけます。…

国内の重症者1152人、連日で最多更新 新規感染は4940人

新型コロナウイルスの最新のニュースをこちらのページでまとめてお読みいただけます。

特集ペ…

「アジア版ユーロスター」葬ったマレーシアの自作自演
マレーシアのムヒディン首相は高速鉄道の計画変更にシンガポールの同意を取り付けられなかった=ロイター

「アジア版ユーロスター」葬ったマレーシアの自作自演

新型コロナウイルス禍で「近くて遠い存在」となった隣国との距離が、少しだけ縮まる。昨年3月以降、国境を閉鎖しているシンガポールとマレーシアが、17日から家族の葬儀や重病の見舞いなどに限って出入国を認める。

マレーシアで再び感染が拡大しているいま、なぜか。念頭に置くのは、もともとの「越境通勤者」。幅1キロメートル余りのジョホール海峡にかかる2本の橋を渡り、マレーシアからシンガポールへ通っていた約30…

1クリック決済、後払い…呼吸するように金融取引

1クリック決済、後払い…呼吸するように金融取引

ここ数年、消費者の生活で「金融の透明化」とも言える現象が生じています。スマートフォンで電子商取引(EC)サイトを開き、欲しいものを注文するとしましょう。クレジットカードの番号を登録しておけば、そのまま1クリックで決済できます。その場では決済せず、後日まとめて支払うことのできる「後払い」も登場しました。いずれも購入の瞬間には金融を意識しなくて済むのが特徴です。

無意識のうちに金融を使う

金融業界で…

PR

利便性向上、利用分析および広告配信等のためにクッキーを利用してアクセスデータを取得しています。詳しくは「データ利用について」をご覧ください。オプトアウトもこちらから可能です。