ヤフーとLINE経営統合へ ネット国内首位に

ヤフーとLINE経営統合へネット国内首位に

■金融含む1億人規模のサービス基盤誕生

■月内の基本合意をめざす

■ソフトバンクとネイバーが共同出資へ…

孫氏、国内総取りの賭け ヤフーとLINE買収

検索サービス「ヤフー」を展開するZホールディングス(HD)とLINEが経営統合に向けた最終調整に入った。2社の事業を傘下に持つ新会社を設け、ソフトバンクの連結子会社にする方針だ。ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長の「国内ネット市場の総取り」に向けた賭けが、1億人が利用するプラットーフォーマーを生み出そうとしている。

「反省はするが、萎縮はしない」。孫氏は今月6日の決算会見でこう話し、変わらぬ…

米、ウクライナ外交に「裏ルート」 大統領選にらみ工作

【ワシントン=中村亮】米議会下院の情報特別委員会は13日、ウクライナをめぐるトランプ大統領の不正疑惑について初めての公聴会を開いた。ウィリアム・テーラー駐ウクライナ代理大使とジョージ・ケント国務次官補代理はトランプ氏の側近が2020年の大統領選を優位に進めるため、同国政府に工作活動をしていたと主張した。テーラー氏の証言からウクライナ疑惑の概要を解説する。

ウクライナのゼレンスキー大統領は、トラン…

ファミマ、時短営業選択可能に ほぼ全加盟店で

ファミリーマートは現在は24時間としている営業時間について、フランチャイズチェーン(FC)加盟店との契約を改定し、営業時間の短縮(時短)を原則容認することを決めた。2020年3月にも契約を変え、約1万6000ある加盟店のほぼ全店に営業時間の選択を委ねる。セブン―イレブン・ジャパンも一部で深夜休業を始めている。売上高の拡大を優先してきたコンビニエンスストアの転換点になる。

コンビニは1970年代に…

東芝、再建へ基礎固め 中期計画1年目の通信簿

東芝の再建がそろり進み始めた。13日発表した2019年4~9月期連結決算で営業利益は3期ぶりの水準を回復した。18年11月の中期経営計画発表から1年。車谷暢昭会長兼最高経営責任者(CEO)の通信簿は、基礎固めで合格点が与えられそう。ただ、足元の株価はさえない。市場の関心はデジタル技術を活用した成長戦略の実現可能性に向かい始めている。

「この1年、落第点を取らないように一生懸命やってきた」。車谷C…

戦火が育んだ国際感覚 FT次期編集長カラフ氏

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)の編集長にルーラ・カラフ副編集長が来年1月に昇格する。1888年の創刊以来初の女性編集トップとなる。

中東のレバノン生まれ。内戦下で育ち、住まいを転々とした。状況を知る手段としてラジオを手放せず「情報の大切さを実感しながら育った」。外国人記者の拠点だったホテル近くに住んでいた際、取材に駆け回る記者の姿を見てジャーナリストを志望した。

米コロンビア大大学院修了後…

「桜を見る会」20年は中止 首相「私の判断」

菅義偉官房長官は13日の記者会見で、首相主催で毎年春に開く「桜を見る会」について2020年は中止すると発表した。安倍晋三首相は記者団に「私の判断で中止することにした」と説明した。

首相の後援会関係者が多数参加していると批判してきた野党は追及を強める構えだ。

「桜を見る会」は1952年に始まった。各界の功績や功労があった人を招く。

菅氏は記者会見で「招待基準…

牛角と新喜劇が手本 楽天流の球団経営

牛角と新喜劇が手本楽天流の球団経営

球界参入に名乗りを挙げた楽天。六本木ヒルズの会議室「シドニー」に急造されたプロ野球準備室は異色の集団だった。西武百貨店から来て楽天で草野球チームをつくった米田純。リクルート出身で起業経験のある島田亨は三木谷浩史から球団社長として招かれた。事業の一切を託されたのは球界再編で暗躍した小沢隆生だ。

プロ野球の球団新設はわずか3年で消えた高橋ユニオンズ以来、50年ぶり。当時の知見は全く参考にならない。ゼ…

働く高齢者の年金減額、月収51万円超で 強まる世代対立

働く高齢者の年金減額、月収51万円超で強まる世代対立

公的年金を巡り、世代間のあつれきが強まっている。厚生労働省は13日、働く高齢者の年金を減らす在職老齢年金制度で、対象者の月収額を51万円超とする案を審議会に示した。当初案は働く高齢者の意欲を引き出すため、月収62万円超として減額の対象を大きく減らす方針だった。だが、高齢者への給付増への批判から、絞り込みは小幅にとどまった。本格的な給付抑制を避けたままでは、年金改革が空回りすることが改めて浮き彫り…

PR

stay ahead with our exclusive insights on asia

Nikkei Asian Review brings you the Asian business, politics and economy stories others miss. Read exclusive content as well as translations from the Nikkei.

Do not show this message again (今後このメッセージを表示しない)