日本はうまくいったのか 解除後もモヤモヤ続くわけ

日本はうまくいったのか解除後もモヤモヤ続くわけ

■専門家「いったい何がこんなに効いたのか」

■対策、データ重んじる合理性や一貫性欠如

■「リスクコミュニケーションとしては大失敗」…

緊急事態宣言、全面解除 一夜明けドキュメント

新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が全国で解除されて一夜明けた26日、最後まで宣言の対象だった東京など5都道県でも、日常の風景が少しずつ戻り始めた。昼のオフィス街周辺ではランチをとる会社員の姿が目立つようになり、再開する博物館も出てきた。ただ、依然マスク姿の人は多く、感染への警戒は続いている。

■正午 横浜中華街時短営業や休業要請の緩和は27日からとした神奈川県。横浜市中区の横浜中華街はお昼ど…

日本の医療 「非効率」にメス オンライン診療を普及

「きょうは熱があるんですね。ほかに気になる症状はありますか?」。患者のスマートフォンのアプリ画面から医師が問いかける。症状を確認した医師が薬を処方すると、アプリは請求金額を表示する。患者はクレジットカードで決済し、2日後には薬が郵送されてきた。

新型コロナウイルスまん延で遠隔のオンライン診療の規制が一時的に大幅緩和され、インターネット上にはこうした紹介動画が多数投稿されている。医療ベンチャー、メ…

東芝、工場でも週休3日 6月開始で給与は満額

東芝は新型コロナウイルスの感染拡大の長期化をにらみ、工場など製造現場の従業員に週休3日制を導入する方針だ。早ければ6月から始める。在宅勤務が難しい従業員の出社率を抑える狙いがある。営業や事務など在宅勤務が可能な従業員向けには、通信環境を一段と整えて効率的なテレワークを支援する。新型コロナ禍を機に働き方を大きく見直す。

東芝は感染防止策として、すでに在宅勤務を原則としている。ただ製造ラインがある工…

新型コロナ「世界は第1波のまっただ中」 WHO警告

【ジュネーブ=細川倫太郎】新型コロナウイルスの勢いが衰えない。世界保健機関(WHO)は25日の記者会見で、世界全体では感染拡大の「第1波のまっただ中だ」と警鐘を鳴らした。特に南米など新興国で患者が急増しているほか、規制を緩和し始めた先進国も第2波が到来するリスクがくすぶっている。

米ジョンズ・ホプキンス大の集計によると、世界の累計感染者数は540万人を超えた。ブラジルとロシアはそれぞれ感染者数が…

アビガン、5月中の承認見送り 厚労相「治験を継続」

加藤勝信厚生労働相は26日の閣議後の記者会見で、新型コロナウイルス感染症の治療薬候補「アビガン」について「6月以降も臨床研究や治験を継続する」と述べた。安倍晋三首相が「有効性が確認されれば5月中の承認をめざす」としていたが、6月以降にずれ込むことになった。依然として有効性が確認できておらず、承認のメドが立っていない。

藤田医科大学が3月から進めている臨床研究では、実際に新型コロナ患者にアビガンを…

コロナ、国内の新規感染20人

新型コロナウイルスの感染拡大が続いています。最新のニュースをこちらのページでまとめてお読みいただけます。…

世界を変えたネット広告(7) 「THE MUSEUM OF ME」

世界を変えたネット広告(7)「THE MUSEUM OF ME」

ネット広告が誕生して四半世紀、その歴史を巡りあるべき未来の姿をスペキュラティブ(思索)するのがこの連載の骨子。オンライン広告(バナー)から始まりウェブサイト、バイラルムービー(ネット拡散を狙ったショートフィルム)、アプリ、そしてこの10年はSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)へと舞台は移行する。

今回は「THE MUSEUM OF ME」。今や世界中の20億人以上が利用するSNSに成長…

おカネより生きがい 「プロボノ」で広がる選択肢

おカネより生きがい「プロボノ」で広がる選択肢

「身を粉にして皆のために働く医療従事者や公務員がいるのに自分は一体何をしているんだ」。水沢陽介さん(33)は沖縄市内の自宅にこもり、自問自答を繰り返していた。5年間、ウェブメディアの編集者として沖縄の魅力を発信し、地域振興に尽くしてきたという自負はある。一方で、豊富な観光資源頼みで自分は何もしてこなかったのではないか。そんなむなしさも感じていた。

■観光資源少ない新潟で自分試し

2020年4月中旬…

PR

stay ahead with our exclusive insights on asia

Nikkei Asian Review brings you the Asian business, politics and economy stories others miss. Read exclusive content as well as translations from the Nikkei.

Do not show this message again (今後このメッセージを表示しない)

利便性向上、利用分析および広告配信等のためにクッキーを利用してアクセスデータを取得しています。詳しくは「データ利用について」をご覧ください。オプトアウトもこちらから可能です。