空の産業改革は10年遅れ ドローン開発、低空飛行
エアロセンスは北海道でオンライン診療に伴う配達の実験をする

空の産業改革は10年遅れドローン開発、低空飛行

■国内は航空法の規制厳しく、中国で飛行実験

■中国はコロナ感染防止対策にすぐさま活用

■日本企業のドローン特許出願は10年間でゼロ…

南シナ海巡る中国主張、米が公式に否定 「完全に違法」

【ワシントン=永沢毅】ポンペオ米国務長官は13日、南シナ海での中国の海洋進出に関して声明を出し「南シナ海の大半の地域にまたがる中国の海洋権益に関する主張は完全に違法だ」と批判した。米国が南シナ海での中国の権益などに関する主張を公式に否定するのは初めてとみられる。

ポンペオ氏は南シナ海を巡る中国の主張を否定した2016年7月のオランダ・ハーグの仲裁裁判所の判決を支持する考えを示した。声明はこの判決…

AIは魔法 介護の世界を幸せに 見える化で負担軽く

東京・浜松町にあるエクサウィザーズの本社には、16カ国の人工知能(AI)などの専門家が集う。彼らが引き寄せられたのは社長の石山洸(38)の人なつっこい笑顔と壮大な構想力だ。「世界で高齢化が一番進んでいる日本は地球のラボ(研究室)」と訴える石山は、介護をはじめ高齢化社会ニッポンの課題解決に取り組む。

「コンピューター科学は次にどんな革命を実現するのか。それを考えるのが最も重要なミッションだ」。20…

5G、日本は競争力13位 世界はコロナ対策で活用

次世代通信規格5Gの商用サービスが日本で今春、始まった。海外では新型コロナウイルス対策に使われるが、日本は通信エリアが狭く「スモールスタート」になった。KDDIが基地局整備を前倒しするなど巻き返しの動きも出始めた。5Gで出遅れた日本の課題を探る。

「肺の病巣が鮮明に見えた」。3月、中国雲南省の昆明医科大学で新型コロナの肺炎患者の遠隔診療が行われた。仮想現実(VR)ゴーグルをかけた医師が3次元(3…

省人化・産業育成に規制の壁 5分でわかる日本の事情

7月14日スタートの新連載「革新後進国」では、人手不足への対応など産業革新を迫られる日本企業が直面している古い規制や新型コロナウイルスであぶり出された独特のルールの問題点などを描いていきます。世界からみて日本の規制はどのように評価されているのかなど、グラフを交えてわかりやすく解説します。

日本は人手不足に直面し、世界でも不足感は最高の水準にあります…

米カリフォルニア州、再び営業制限 1カ月前に逆戻り

【シリコンバレー=白石武志】新型コロナウイルスの感染が再拡大している米カリフォルニア州のニューサム知事は13日、州全域でバーの営業を禁止すると発表した。レストランについても屋内営業を禁じる。同州は段階的に経済活動を再開してきたが、行動制限は約1カ月前の状態に逆戻りすることになる。

州の新たな規制は即日実施する。レストランのほか、映画館や動物園、美術館などについても州全域で屋内営業を禁止する。特に…

東京都の1週間感染者「緊急事態」上回る 新型コロナ

新型コロナウイルスの最新のニュースをこちらのページでまとめてお読みいただけます。…

生き残るために変わる 元ヤンキース・黒田の適応力

生き残るために変わる元ヤンキース・黒田の適応力

どれだけのものを捨て、どれだけの変化を重ねたことか。メジャーという異郷で、日本人投手随一の安定感をみせた黒田博樹(広島-ドジャース-ヤンキース)の壮絶な戦いは、すべての前提と常識が崩れるコロナ時代の生き方を教えてくれているようでもある。

ある種の恐怖を覚えた日のことを、黒田は忘れない。通算203勝の右腕、ロイ・ハラデー投手(ブルージェイズ―フィリーズ、2017年に自ら操縦する飛行機の事故で死去、…

新型コロナ、感染者は1300万人 死者は57万人超

新型コロナ、感染者は1300万人死者は57万人超

新型コロナウイルスの累計感染者が世界で1300万人を超えた。死者は57万人を上回る。ブラジルやチリ、ペルーなど中南米での急拡大が続いている。世界地図で感染状況を見る。…

PR

stay ahead with our exclusive insights on asia

Nikkei Asian Review brings you the Asian business, politics and economy stories others miss. Read exclusive content as well as translations from the Nikkei.

Do not show this message again (今後このメッセージを表示しない)

利便性向上、利用分析および広告配信等のためにクッキーを利用してアクセスデータを取得しています。詳しくは「データ利用について」をご覧ください。オプトアウトもこちらから可能です。