株や住宅価格、警戒水準 迫るバブルの足音

株や住宅価格、警戒水準迫るバブルの足音

■各国は未曽有の財政出動や金融緩和を続ける

■行き場を失ったマネーが様々な実物資産に

■世界のあらゆる嗜好品に考えられない値段がつく…

逆風コンビニ、次はビッグデータで決戦 IT大手も関心

1971年に日経MJが創刊して間もなく、コンビニエンスストアが日本に広がっていった。それから半世紀。小売業界最強の経営モデルを打ち立てたが、ここに来て大転換期を迎えている。経営はデジタル時代にどう向き合うのか。そして店舗運営は誰が担うのか。2つの難問に直面している。

購買履歴からピンポイントで販促

「花金」にちょっとぜいたくなビールはいかがですか――。

1月中旬の金曜夜、仕事を終えた40代の男性…

退職金、もらい方で手取り増 一時金は非課税枠多く

「退職金は一時金でもらうつもり。計算してみると、税金があまりかからないようだ」。こう話すのは愛知県に住む男性Aさん(60歳)。大学を卒業して38年勤めた勤務先を3月末で定年退職する。退職金は約2400万円を受け取る見通しだ。「定年後も働く予定だが、退職金の手取りは少しでも多くしたい」という。

シニア層が定年時などに受け取る退職金は老後のマネープランを支える柱の一つ。受け取り方は勤務先によって異な…

豆畑で憤死? 哲学者ピタゴラス、謎につつまれた死

晩節を全うするにはどうしたらいいのか。偉人や賢人の最期を描き、人生後半の生き方を考えるコラム「ゴールの流儀」。今回は哲学者のピタゴラスを取り上げます。

「三平方の定理」で知られるピタゴラス(紀元前572年~同494年ごろ)は、かなり奇妙な人物で、その死に方からして謎に包まれている。

ディオゲネス・ラエルティオスという哲学史家が3世紀に書いた「ギリシア哲学者列伝(下)」(岩波文庫)には、ピタゴラス…

逆境が鍛えた稼ぐ力 選択×種まき×DXで筋肉質

「海外投資家の日本株への投資意欲は強烈」。仏系運用会社コムジェスト・アセットマネジメントで日本株を運用するリチャード・ケイ氏は目をみはる。同氏のファンドに今月、米ハイテク企業の年金基金が200億円を投じる。同基金にとって初めての日本株投資という。

独自の技術力があり、中国などアジア市場の拡大が追い風になるなか「日本の製造業はコストの見直しにも長期で取り組み業績も伸びているのに、割安に放置されてい…

炭素は地球の厄介者? アニメで学ぶ「カーボンゼロ」

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。データ解説や最新ニュースもまとめてお読みいただけます。…

新型コロナ、国内感染43万8844人 新たに1054人確認

新型コロナウイルスの最新のニュースをこちらのページでまとめてお読みいただけます。

特集ペ…

震災10年「空から見た被災地」
津波で被害を受けた宮城県南三陸町(写真上、2011年3月12日)。防災対策庁舎一帯は震災復興祈念公園となった(2021年3月1日)

震災10年「空から見た被災地」

航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が所属する松島基地(宮城県東松島市)。幾度となく被災地を照らしてきた「復興の象徴」が訓練に励むすぐそばに、巨大なU字型の防潮堤がそびえる。

総延長は約5.2㌔㍍。河川側と海側の堤防がつながっており、堤の間にはボランティアが植えたクロマツが並ぶ。防潮堤は津波から人を守るとともに、クロマツを保護する役目も担っている。

東松島から北上すると、宮城県…

東芝や三菱重工、原発技術伝承「2030年の崖」まとめ読み

東芝や三菱重工、原発技術伝承「2030年の崖」まとめ読み

東日本大震災に伴う東京電力福島第1原子力発電所の事故からまもなく10年を迎えます。国民の原発に対する信頼が崩れた結果、原発の再稼働は進まず、原発新増設やリプレース(建て替え)の議論も滞っています。政府が2050年までに温暖化ガス排出実質ゼロを実現するとした目標では、原発をこれからどう位置づけ直すかが焦点のひとつです。

ただ、原発のものづくりの現場では、技術・技能の伝承が最大の課題として浮上してい…

PR

利便性向上、利用分析および広告配信等のためにクッキーを利用してアクセスデータを取得しています。詳しくは「データ利用について」をご覧ください。オプトアウトもこちらから可能です。