「違反」残業なお300万人 人手不足、管理職にしわ寄せ
部下の仕事量が減ったしわ寄せで管理職の残業が高止まりしている

「違反」残業なお300万人人手不足、管理職にしわ寄せ

■「過労死ライン」を超えた残業は月平均で170万人

■部下の残業時間抑制のしわ寄せで管理職が高止まり

■収益を高める生産性向上の改革実現が課題に…

地図タップで目的地 歩道用自動運転車、ZMP発売へ

自動車を巡る次世代技術「CASE」がIT(情報技術)やエネルギー、不動産など幅広い業種に変革をもたらしうるものとして関心を集めている。CASEの普及はどんな未来につながり、開発はどこまで進んでいるのか。分野ごとに検証した。初回は自動運転。車道での普及には時間がかかるが、歩道用の車両は近く実用化される。

ハンドルもアクセルもブレーキもない。腰掛けて、タブレット端末の地図をタップするだけで目的地まで…

中国で稼げなくなった台湾・香港 経済と政治、力学変化

11日の台湾総統選挙で中国と距離を置く現職の蔡英文総統(民進党)が圧勝した。対中関係改善を訴えた国民党の韓国瑜氏は大敗を喫した。香港デモの影響など蔡総統圧勝の政治的な背景が分析されているが、ここではビジネスの観点から結果を考えたい。台湾の選挙といえば毎回、中国が経済的利益をちらつかせ、中国との関係を重視する人物に投票を誘導してきた。いつもそれなりの効力を発揮してきたが、威力が薄れてきているようだ…

三菱電機にサイバー攻撃 防衛・インフラ情報流出恐れ

三菱電機が大規模なサイバー攻撃を受け、防衛や電力、鉄道などの社会インフラに関する社内情報が流出した可能性があることがわかった。取引先との製品の受注・開発に関する情報や幹部会議の資料などが含まれている。三菱電機は「社会インフラに関する機微な情報や機密性の高い技術情報、取引先に関わる重要な情報は流出していないことを確認した」としている。

同社によると、国内外のパソコン、サーバーの少なくとも数十台以上…

親子上場銘柄は狙い目? 次の「解消ペア」に市場関心

親子上場の解消が進んでいる。企業統治が不透明との批判は強く、完全子会社化したり売却したりする事例が増えている。市場では親子上場の解消は「買い材料」と見なされることが多く、次の候補探しに注目が集まっている。

東芝(6502)は17日、半導体製造装置の上場子会社、ニューフレアテクノロジー(6256)へのTOB(株式公開買い付け)が成立したと発表した。ニューフレアの約16%の株を持つ東芝機械(6104…

コクヨ、ぺんてる株「塩漬け」が阻むROE改善

コクヨによる筆記具大手ぺんてるの買収が事実上、暗礁に乗り上げている。過半の取得を狙ったぺんてる株の買い付けは2019年12月に失敗して終わった。ぺんてる側との提携協議も進まない。非上場のため、ぺんてるの株主は元従業員や取引先らが中心で独立性堅持などへのこだわりが思いのほか強かったためだ。コクヨは株取得に約130億円の資金を投じたが、打開に向けた手は限られており、資本効率改善の阻害要因となりかねな…

NTT、悩める巨人「光」に賭ける

国内では携帯電話料金の引き下げを迫られ、次世代通信規格「5G」では海外勢に主導権を握られる――。影が薄れる一方だったNTTグループが、10年後に到来すると見られる次々世代の「6G」時代を視野に反転攻勢に出た。武器は「光」だ。ネットワークの中核の半導体などでデータの伝送手段を従来の電子から光に切り替え、消費電力の増大という問題の解決策も提示する。

2019年12月、NTT社長の澤田純は米シアトルに…

マクドナルドから肉が消える日

マクドナルドから肉が消える日

米西部カリフォルニア州サンカルロス市。金融関連のソフトウエア会社を経営するアート・コテ(62)は2020年の仕事始めの朝食として、ドーナツやハンバーガーを扱うファストフード店「ダンキン」を選んだ。

■ファストフードで植物肉

注文したのは「ビヨンド・ソーセージ・ブレックファスト・サンドイッチ」(4.79ドル=約520円)。ソーセージといってもパンに挟んであるのは豚肉や牛肉ではなく、緑豆やココナツ油な…

相次ぐ敵対的買収、「三田証券は押さえたか」

相次ぐ敵対的買収、「三田証券は押さえたか」

2019年に相次いだ敵対的買収は今年も収まる気配がない。「御社の株式を買い増したい」「断固拒否する」。年末年始をまたいで、ある上場企業の経営権を巡る激論が交わされている。事情を知る関係者によると、買い手は相手先の経営陣の同意を得ないまま買収に動く可能性が十分あるという。その敵対的買収の成否を左右する証券会社が日本橋兜町の東京証券取引所のすぐそばにある。1949年設立の老舗、三田証券だ。

「三田は…

PR

stay ahead with our exclusive insights on asia

Nikkei Asian Review brings you the Asian business, politics and economy stories others miss. Read exclusive content as well as translations from the Nikkei.

Do not show this message again (今後このメッセージを表示しない)

利便性向上、利用分析および広告配信等のためにクッキーを利用してアクセスデータを取得しています。詳しくは「データ利用について」をご覧ください。オプトアウトもこちらから可能です。