5Gの次「6G」を30年実用化へ 速度10倍など総合戦略

5Gの次「6G」を30年実用化へ速度10倍など総合戦略

■ポスト5Gにらみ各国の競争スタート

■日本は6月までに官民で総合戦略を策定

■特許で先行すれば巨額の利益…

敵は「一軒家」にあり 大河ドラマの運命やいかに

19日、NHKの新大河ドラマ「麒麟がくる」がようやく始まる。舞台は定番の戦国時代、主人公は「本能寺の変」を起こす明智光秀。織田信長ら3英傑も登場し、平均視聴率が大河史上最低となった前作からの反転攻勢をもくろむ。しかし事前の公開情報を見る限り、山なかの「一軒家」を描く裏番組に流れた高齢視聴者の奪還、明るく正しい「朝ドラ」との差異化、ネット世代の取り込みという3つの課題が浮かび上がる。「国民的ドラマ…

東芝、架空取引200億円 ITサービス子会社で

東芝は18日、IT(情報技術)サービスを手掛ける連結子会社で架空取引があったと発表した。2019年4~9月に計上した売上高約200億円規模がこれまで明らかになっており、19年4~12月期決算で取り消す方向だ。20年3月期に営業利益(米国会計基準)1400億円を見込んでいるが「該当するのは利益率が高くない案件で、現時点で影響があるとはみていない」としている。

架空取引があった子会社は東芝ITサービ…

退職代行を実体験 出せない辞表「本当は自分で…」

「会社を辞めさせてほしい」。2019年夏、体調不良で自宅療養中だった山本悟さん(仮名、26)が電話でおずおずと申し出ると、穏やかだった社長の態度が一変した。「仕事があるだろう。とにかく会社に来い!」

山本さんが大阪府内のIT企業に就職したのは同年春。法人向けシステム開発などを担当したが、職場の雰囲気は悪かった。上司が部下を激しく叱責するのは日常茶飯事。有給休暇で休んでいた先輩が「来なかったら職務…

中国経済に高齢化の影 迫る「団塊」退職、しぼむ内需

中国経済に少子高齢化の影が忍び寄ってきた。17日発表した2019年の実質国内総生産(GDP)成長率は6.1%にとどまり、18年から0.5ポイントも縮小した。米国との貿易戦争が主因だが、生産年齢人口の減少による個人消費の弱含みも無視できない。中国版「団塊の世代」が退職し始める22~23年から下押し圧力は本格化する見通しで、世界第2の経済に大きな重荷となる。

「成長率は依然として世界1位だ」。中国国…

東芝、車谷会長が社長に ワントップ体制で再建加速

東芝は18日、車谷暢昭会長兼最高経営責任者(CEO、62)が4月に社長に就く人事を発表した。綱川智社長(64)は代表権のない会長になり、執行役から外れる。経営再建が軌道に乗り、車谷氏に権限を集中させて経営のスピードを速める。ただ、子会社で新たな不正取引が発覚するなど課題も抱えての体制変更となる。

■外部出身社長、土光氏以来48年ぶり

東芝で外部出身の社長が就くのは1965~72年に社長を務めた土光…

VRで認知症を疑似体験 幻覚におびえ、会話に傷つく

■距離感や状況つかめず、幻視も

認知症の人に偏見を持たず、自然に接したい。それには、当事者は周囲や世界がどのように見え、どんな行動をとってしまうのかを理解するのが大切だ。仮想現実(VR)映像で認知症の症状を疑似体験してみた。

昨年12月下旬。神戸市のしあわせの村で開かれた「認知症VR体験会」に参加した。認知症の人にやさしいまちづくりを目指す同市が、高齢者向け住宅を運営するシルバーウッド(千葉県浦安…

肉食文化・アメリカに植物肉革命 イラスト解説

肉食文化・アメリカに植物肉革命イラスト解説

肉食文化の米国で、食卓に異変が起きている。「プラントベースド(植物由来)」と呼ばれる、豆などで作った偽物の肉が人気を博しているのだ。ファストフードチェーンなどの飲食店が相次いで植物肉を扱い始めた。2040年には50兆円市場になるとの予測もある。(敬称略)

なぜこれほど植物肉が世の中に普及すると考えられているのか。背景には、環境意識の高まりがある。畜産などの食料供給の過程で出る温暖化ガスの排出は無…

世田谷一家殺害事件 時が止まった現場、遺族が初公開

世田谷一家殺害事件時が止まった現場、遺族が初公開

東京都世田谷区で2000年12月、会社員の宮沢みきおさん(当時44)一家4人が殺害された事件現場の住宅を被害者の遺族が18日に訪れ、記者も同行して中に入った。住宅内には食卓など家族のくらしをしのばせる家具のほか、犯人が衣服を脱ぎ捨てたソファなどが残っていた。発生から19年、初めて内部が公開された住宅で遺族は「4人の生きた証しを伝えることが、事件の解決につながれば」と語った。

「2000.11」。…

PR

stay ahead with our exclusive insights on asia

Nikkei Asian Review brings you the Asian business, politics and economy stories others miss. Read exclusive content as well as translations from the Nikkei.

Do not show this message again (今後このメッセージを表示しない)

利便性向上、利用分析および広告配信等のためにクッキーを利用してアクセスデータを取得しています。詳しくは「データ利用について」をご覧ください。オプトアウトもこちらから可能です。