世界の企業業績、6割がコロナ前回復 1~3月純利益

世界の企業業績、6割がコロナ前回復1~3月純利益

■世界の企業業績の底入れが鮮明になってきた

■上場1.1万社の1~3月期純利益は前年同期比7倍

■電機や自動車でコロナ前の利益を上回る企業が多い…

日経平均終値909円安 ハイテク主導相場の終わり示唆?

11日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反落し、前日比909円75銭(3.08%)安の2万8608円59銭で終えた。米国で経済正常化に伴うインフレ圧力の高まりが意識されるなか、ハイテク株の一角が大きく崩れている。新型コロナ禍における歴史的な株高局面を引っ張ってきたハイテク株主役のモメンタム相場が、そう遠くないうちに終焉(しゅうえん)を迎えることを示唆しているのではないかとの声が出ている。

ベテ…

台湾半導体4社、14兆円投資の9割が域内 米欧は誘致難航

【台北=中村裕】半導体不足が世界で深刻化するなか、米国や欧州が台湾の有力半導体メーカーの工場を誘致する動きを活発化している。ただ台湾主要4社が最近公表した投資計画の合計額は約14兆円にのぼるが、9割は台湾向けの投資とされる。秋波を送る米欧に対して台湾勢の関心は低く、世界は今後さらに台湾依存を高める可能性がある。

■「米自動車業界の状況は深刻」

「米国の自動車業界の状況は深刻だ。我々がTSMC(台…

シャープ純利益3.9倍 前期、巣ごもり需要がけん引

シャープが11日発表した2021年3月期の連結決算は、純利益が前の期比3.9倍の532億円だった。新型コロナウイルス禍で巣ごもり需要により、高単価のテレビや空気清浄機などが売れた。テレワーク対応のタブレッ…

中国の出生数2割減 20年、高齢化が加速

【北京=川手伊織】中国国家統計局は11日、2020年に実施した国勢調査の結果を発表した。香港、マカオ、台湾を除く総人口は14億1177万8724人だった。高齢者が10年で6割増えた一方、20年の出生数は約1200万人と前年比2割近く減少した。産児制限の影響で働き手世代も減っており、少子高齢化の加速は経済成長や財政の重荷になる。

国勢調査は人口動態を把握するため、10年に1度実施する。今回が7回目…

「水素、人工光合成で50年に大量生産」堂免一成氏

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。データ解説や最新ニュースもまとめてお読みいただけます。…

高齢者のワクチン接種40万人 開始1カ月で対象の1%

新型コロナウイルスの最新のニュースをこちらのページでまとめてお読みいただけます。

特集ペ…

パイプライン攻撃のダークサイド 企業のような犯罪集団

パイプライン攻撃のダークサイド企業のような犯罪集団

【シリコンバレー=白石武志】米最大規模の石油パイプラインがサイバー攻撃によって停止した事件で、「DarkSide(ダークサイド)」と呼ばれるハッカー集団が犯行声明を出した。「ランサムウエア」を使ってデータを盗み、金銭を要求する犯罪集団でありながら、被害者向けの電話窓口を備えるなど企業のような振る舞いをすることで知られる。背景に浮かび上がるのは、サイバー攻撃がある種の産業となりつつある実態だ。…

1クリック決済、後払い…呼吸するように金融取引

1クリック決済、後払い…呼吸するように金融取引

ここ数年、消費者の生活で「金融の透明化」とも言える現象が生じています。スマートフォンで電子商取引(EC)サイトを開き、欲しいものを注文するとしましょう。クレジットカードの番号を登録しておけば、そのまま1クリックで決済できます。その場では決済せず、後日まとめて支払うことのできる「後払い」も登場しました。いずれも購入の瞬間には金融を意識しなくて済むのが特徴です。

無意識のうちに金融を使う

金融業界で…

PR

利便性向上、利用分析および広告配信等のためにクッキーを利用してアクセスデータを取得しています。詳しくは「データ利用について」をご覧ください。オプトアウトもこちらから可能です。