進む寡占、技術革新に影 研究開発費の伸び半減

進む寡占、技術革新に影研究開発費の伸び半減

■日米欧で上位企業による寡占が進んでいる

■これら上位企業は新興企業のM&Aを加速する

■競争の激しさが失われ研究開発費が伸び悩む…

いつまで印紙税、見果てぬDX デジタルなら非課税の怪

17世紀オランダで始まり、日本で1873年(明治6年)に導入された印紙税。契約書や領収書などの「紙」に課税するため、文書税とも呼ばれるが、同じ内容でもメールや電子契約などデジタル文書には課税されない。企業に膨大な事務負担を課し、DX(デジタルトランスフォーメーション)時代にそぐわない印紙税は見直しが必要だ。

数年前、銀行業界である文書の扱いに注目が集まった。「これは印紙税の対象になります」。大手…

Z世代は選ばない 買い物はSNSの「お薦め」

インターネットやスマートフォンの普及で膨大となった情報に疲れた若者を中心に、日々の買い物でSNS(交流サイト)の存在感が強まっている。自分好みの商品がさりげなくお薦めされるSNSは、疲れず効率的に商品に出合うことができるからだ。こうした仕組みを支える個人情報の活用については社会的な懸念も強まっており、企業と消費者にとって情報とどう付き合うかが焦点となっている。

欲しい商品「ネット検索で探すのは面…

渇望消費、たまるマグマ 霧中で光る3コウ銘柄

5月2日、東京・池袋は活気が消えていた。東京都での緊急事態宣言の発令を受け、西武と東武の巨艦百貨店は食品売り場など一部のフロアを除いて臨時休業。サンシャイン通りに面した店舗の半分近くのシャッターは降りている。

そこから副都心線・東急東横線で30分弱。川崎市の武蔵小杉駅近くの商業施設「グランツリー武蔵小杉」は家族連れでにぎわっていた。外出自粛の呼びかけなどどこ吹く風。フードコートは満員で、高品質ア…

国家か市場か バイデン砲に連なる200年論争

米国の歴代大統領はホワイトハウスの執務室に、様々な芸術品を飾ってきた。暖炉の上に広がる壁面には複数の絵画を掛け、美術館の展示室のような雰囲気を醸し出す。

バイデン大統領はその中央に、第32代大統領ルーズベルト(FDR)の肖像画を置いた。第36代大統領ジョンソン(LBJ)以来、ほぼ半世紀ぶりのチョイスである。

大きな政府、先達のFDRとLBJをモデルに

ニューディール政策で大恐慌に挑んだFDRと、…

再生エネの直接調達拡大、小売り介さず割安に 経産省

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。データ解説や最新ニュースもまとめてお読みいただけます。…

新規感染者、広島で過去最多 国内の重症者は1231人

新型コロナウイルスの最新のニュースをこちらのページでまとめてお読みいただけます。

特集ペ…

豊かな眠りを求めて スリープテック、睡眠コンサートも   

豊かな眠りを求めてスリープテック、睡眠コンサートも

生まれた時から毎日、誰もが眠りに落ちる。あなたは最近、よく眠れていますか?

身近な生活習慣にもかかわらず、睡眠は科学的にもまだわからないことばかりだという。自分とって、良い眠りとは何なのか。わからないからこそ、深く見つめ直したい。そんな試みは睡眠研究から、一晩眠りながら生演奏を聴くコンサートにまで広がっている。

「どう眠れば」解に近づく

額と耳の後ろに1つずつ電極のついたシールを貼る。この数分も…

ゴルフの中嶋常幸「スランプって嫌なものじゃない」

ゴルフの中嶋常幸「スランプって嫌なものじゃない」

今に役立つ「私の履歴書」スポーツ編。伝説の左腕・江夏豊氏とともに、メンタル・コントロールと努力の積み重ね方を見る。…

PR

利便性向上、利用分析および広告配信等のためにクッキーを利用してアクセスデータを取得しています。詳しくは「データ利用について」をご覧ください。オプトアウトもこちらから可能です。