2018年11月17日(土)
トップ > 特集 > 衆院選2017 > 開票詳報

衆院選2017

フォローする

新潟1区:新潟市北、東、中央区などの一部

開票終了 選挙前議席政党:自
得票数 氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
128,045 西村智奈美(50) (元)厚労副大臣 解散時民進 (社)
(にしむら ちなみ) 5回目 新潟大院修、(元)厚労副大臣、外務政務官
113,045 石崎  徹(33) (元)総務委理事 石破派 (公)
(いしざき とおる) 3回目 慶大卒、(元)総務委理事、財務省職員、経産委員

新潟2区:柏崎市、燕市、佐渡市など

開票終了 選挙前議席政党:自
得票数 氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
97,808 鷲尾英一郎(40) (元)農水政務官 解散時民進
(わしお えいいちろう) 5回目 東大卒、(元)農水政務官、公認会計士、議運委理事
81,705 細田 健一(53) (元)農水政務官 細田派 (公)
(ほそだ けんいち) 3回目 米ハーバード大院修、(元)農水政務官、経産委員
10,055 五十嵐健彦(37) 党県委員

新潟3区:新発田市、村上市、五泉市など

開票終了 選挙前議席政党:民
得票数 氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
95,644 黒岩 宇洋(51) (元)法務政務官 解散時民進 (社)
(くろいわ たかひろ) 3回目 東大中退、(元)法務政務官、参院沖北特委員長
95,594 斎藤 洋明(40) (元)農水委理事 麻生派 (公)
(さいとう ひろあき) 3回目 神戸大院修、(元)農水委理事、党国交副部会長
3,375 三村 誉一(71) (元)団体職員

新潟4区:三条市、加茂市、見附市など

開票終了 選挙前議席政党:自
得票数 氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
112,600 菊田真紀子(47) (元)外務政務官 解散時民進 (社)
(きくた まきこ) 6回目 加茂高卒、(元)外務政務官、加茂市議
87,524 金子 恵美(39) (元)総務政務官 二階派 (公)

新潟5区:小千谷市、魚沼市。長岡市の一部など

開票終了 選挙前議席政党:自
得票数 氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
91,855 泉田 裕彦(55) (元)知事 (公)
(いずみだ ひろひこ) 1回目 京大卒、(元)知事、経産省職員
79,655 大平 悦子(61) (元)魚沼市長 (社)(由)
5,735 笠原 麗香(25) 幸福実現党員

新潟6区:十日町市、糸魚川市、上越市など

開票終了 選挙前議席政党:自
得票数 氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
94,292 高鳥 修一(57) (元)内閣副大臣 細田派 (公)
(たかとり しゅういち) 4回目 早大卒、(元)内閣府副大臣、厚労政務官
92,080 梅谷  守(43) (元)県議 解散時民進 (社)

一覧の見方

・敬称略。投票日(10月22日)の翌日時点の年齢。

・選挙区の「当」は当該選挙区の当選者。「比」は重複立候補した比例代表での当選者。比例代表の「当」は政党別獲得票に基づく比例代表での当選者。「小」は選挙区の当選者。

・小選挙区の選挙前議席政党は区割り変更前の旧選挙区の2014年衆院選または直近の補欠選挙の結果。青森、岩手、三重、奈良、熊本、鹿児島の6県は減区された。

・自民の各派閥に所属する前職は原則として派閥名を記した。9月28日の衆院解散時に民進党に所属していた前職、公認内定していた新人と元職もわかるようにした。

・顔写真は共同。

党派の略称

自民党 希望の党 公明党 共産党 立憲民主党 日本維新の会
社民党 日本のこころ 民進党 自由党 諸 派 無所属

選挙情勢 (紙面PDF)

党派別立候補者数
  合計 小選挙区 比例代表 公示前
自 民 332 277 313 290
希 望 235 198 234 57
公 明 53 9 44 34
共 産 243 206 65 21
立 民 78 63 77 15
維 新 52 47 52 14
社 民 21 19 21 2
こころ 2 0 2 0
諸 派 91 44 47 0
無所属 73 73 39

※諸派は幸福実現党など。公示前勢力は衆院解散後の党派の移動を反映した