トップ > 特集 > 衆院選2017 > 立候補者

衆院選2017

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

沖縄1区:那覇市など

選挙前議席政党:共

■選挙区情勢

 赤嶺が国場を引き離し一歩抜き出た。幅広い年齢層に浸透し、希望支持層の5割も取り込んだ。国場は自民支持層の7割、公明支持層の6割を集め、無党派層への支持拡大を狙う。希望と連携する維新の下地は、2割にとどまる希望支持層の取り込みを急ぐ。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
国場幸之助(44) 党副幹事長 岸田派 (公)
赤嶺 政賢(69) (元)予算委員
下地 幹郎(56) (元)防災相 (希)
下地 玲子(59) 幸福実現党員

沖縄2区:宜野湾市、浦添市、中頭郡

選挙前議席政党:社

■選挙区情勢

 過去5回、連続勝利した照屋が手堅い戦い。社民支持層をほぼ固めた。辺野古への新基地建設反対を主張し労組に支持を広げる。宮崎は景気対策を訴えて企業関係者を回り巻き返しを狙う。(12日時点)
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
照屋 寛徳(72) 党国対委員長
宮崎 政久(52) (元)法務委理事 額賀派 (公)

沖縄3区:名護市、沖縄市、うるま市など

選挙前議席政党:生

■選挙区情勢

 政府が米軍普天間基地の移設先とする名護市を抱える。大きく先行する玉城は辺野古の護岸工事開始を批判し幅広い支持層に浸透する。比嘉は経済対策を強調し保守層の掘り起こしを狙う。(12日時点)
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
玉城デニー(58) 自由幹事長
金城 竜郎(53) 幸福実現党員
比嘉奈津美(59) (元)環境政務官 額賀派 (公)

沖縄4区:石垣市、糸満市、豊見城市など

選挙前議席政党:無

■選挙区情勢

 仲里と西銘が一進一退の攻防。序盤は西銘がわずかにリードしていたが、仲里が立憲民主支持層の9割、共産支持層の8割、希望支持層の5割を固めて逆転した。西銘は自民支持層と公明支持層の8割をそれぞれまとめたが、無党派支持層への浸透は1割にとどまる。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
富川 泰全(38) 幸福実現党員
仲里 利信(80) (元)農水委員
西銘恒三郎(63) 経産副大臣 額賀派 (公)

一覧の見方

・敬称略。投票日(10月22日)の翌日時点の年齢。候補者の並び方は小選挙区が届け出順。比例代表は公示前の勢力順で、各党内は名簿登載順。

・小選挙区の選挙前議席政党は区割り変更前の旧選挙区の2014年衆院選または直近の補欠選挙の結果。青森、岩手、三重、奈良、熊本、鹿児島の6県は減区された。

・自民の各派閥に所属する前職は原則として派閥名を記した。9月28日の衆院解散時に民進党に所属していた前職、公認内定していた新人と元職もわかるようにした。

・顔写真は共同。

党派の略称

自民党 希望の党 公明党 共産党 立憲民主党 日本維新の会
社民党 日本のこころ 民進党 自由党 諸 派 無所属

選挙情勢 (紙面PDF)

党派別立候補者数
  合計 小選挙区 比例代表 公示前
自 民 332 277 313 290
希 望 235 198 234 57
公 明 53 9 44 34
共 産 243 206 65 21
立 民 78 63 77 15
維 新 52 47 52 14
社 民 21 19 21 2
こころ 2 0 2 0
諸 派 91 44 47 0
無所属 73 73 39

※諸派は幸福実現党など。公示前勢力は衆院解散後の党派の移動を反映した