トップ > 特集 > 衆院選2017 > 立候補者

衆院選2017

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

熊本1区:熊本市中央、東、北区

選挙前議席政党:自

■選挙区情勢

 木原と松野の一騎打ち。自民支持層の8割を固めた木原がやや優勢。民進から希望に移った松野は希望支持層の7割を固め、追う構図。無党派層の取り込みを急ぐ。(12日時点)
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
木原  稔(48) 財務副大臣 額賀派
松野 頼久(57) (元)官房副長官 解散時は民進

熊本2区:熊本市西、南区。荒尾市、玉名市など

選挙前議席政党:自

■選挙区情勢

 ベテランの野田が安定した戦い。自民支持層の7割弱、希望支持層の3割弱を固めた。無所属の西野は保守政治の若返りの必要性を訴えて支持拡大を狙う。(12日時点)
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
西野 太亮(39) (元)財務省職員
木下 順子(58) 幸福実現党員
野田  毅(76) (元)党税調会長 石原派 (公)
和田  要(68) (元)大学教授

熊本3区:山鹿市、菊池市、阿蘇市など

選挙前議席政党:自

■選挙区情勢

 坂本が優位な戦いで6選をめざす。自民支持層の9割を固め、希望支持層、公明支持層も取り込んでいる。関根は野党の統一候補として政権批判票の掘り起こしを進める。(12日時点)
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
関根 静香(27) 保育士
坂本 哲志(66) (元)総務副大臣 石原派 (公)

熊本4区:八代市、人吉市、水俣市など

選挙前議席政党:次

■選挙区情勢

 区割り変更で選挙区が広がったが、金子が自民支持層の7割を固めて優位に。農水産票の大半を取り込む。矢上は左派票を固めて追い上げに懸命。(12日時点)
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
矢上 雅義(57) (元)農水委員 解散時は民進
金子 恭之(56) (元)国交副大臣 (公)

一覧の見方

・敬称略。投票日(10月22日)の翌日時点の年齢。候補者の並び方は小選挙区が届け出順。比例代表は公示前の勢力順で、各党内は名簿登載順。

・小選挙区の選挙前議席政党は区割り変更前の旧選挙区の2014年衆院選または直近の補欠選挙の結果。青森、岩手、三重、奈良、熊本、鹿児島の6県は減区された。

・自民の各派閥に所属する前職は原則として派閥名を記した。9月28日の衆院解散時に民進党に所属していた前職、公認内定していた新人と元職もわかるようにした。

・顔写真は共同。

党派の略称

自民党 希望の党 公明党 共産党 立憲民主党 日本維新の会
社民党 日本のこころ 民進党 自由党 諸 派 無所属

選挙情勢 (紙面PDF)

党派別立候補者数
  合計 小選挙区 比例代表 公示前
自 民 332 277 313 290
希 望 235 198 234 57
公 明 53 9 44 34
共 産 243 206 65 21
立 民 78 63 77 15
維 新 52 47 52 14
社 民 21 19 21 2
こころ 2 0 2 0
諸 派 91 44 47 0
無所属 73 73 39

※諸派は幸福実現党など。公示前勢力は衆院解散後の党派の移動を反映した