2017年12月13日(水)
トップ > 特集 > 衆院選2017 > 立候補者

衆院選2017

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

岡山1区:岡山市北、南区の一部など

選挙前議席政党:自

■選挙区情勢

 逢沢が厚い後援会組織を支えに手堅い。公明支持層は5割だが、自民支持層の8割を固めた。立憲民主の高井は政権批判の受け皿を目指し、追い上げを急ぐ。(12日時点)
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
逢沢 一郎(63) (元)議運委員長 (公)
高井 崇志(48) (元)総務委理事 解散時は民進
蜂谷 弘美(61) (元)県議

岡山2区:岡山市中区、玉野市、瀬戸内市など

選挙前議席政党:自

■選挙区情勢

 山下と津村が競り合う。優勢なのは自民支持層の8割、公明支持層の7割をまとめた山下。津村は3割を固めた無党派層の支持拡大を急ぎ、追い上げる。(12日時点)
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
山下 貴司(52) 法務政務官 石破派 (公)
垣内 京美(51) 党准中央委員
田部 雄治(41) 幸福実現党員
津村 啓介(45) (元)内閣政務官 解散時は民進

岡山3区:津山市、備前市、赤磐市など

選挙前議席政党:次

■選挙区情勢

 序盤に続き、引退した前職の次男で新人の平沼と前職の阿部がなお激戦。自民票は二分。平沼は農林水産業従事者を、阿部は主婦層をそれぞれ約4割まとめた。内山は希望支持層の4割、立憲民主支持層の3割を固めたが、支持拡大が課題。尾崎は政権批判票の取り込みを狙う。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
尾崎 宏子(61) 党県委員
内山  晃(63) (元)総務政務官
平沼正二郎(37) 会社役員
阿部 俊子(58) (元)農水副大臣 (自)

岡山4区:倉敷市の一部など

選挙前議席政党:自

■選挙区情勢

 橋本が自民、公明支持層の8割を固めて逆転。会社員や主婦層の5割近くを取り込んだ。維新支持層の4割、立憲民主支持層の2割など野党票も奪う。希望に合流した柚木は無党派層の4割をまとめるものの、政権批判票は5割しか固め切れていない。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
橋本  岳(43) (元)厚労副大臣 額賀派 (公)
柚木 道義(45) (元)財務政務官 解散時は民進
平林 明成(62) (元)労組役員

岡山5区:笠岡市、井原市、総社市など

選挙前議席政党:自

■選挙区情勢

 厚生労働相の加藤が圧倒的な知名度と強力な保守基盤を武器に手堅い戦い。希望の樽井は支持拡大に躍起。(12日時点)
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
美見 芳明(60) 党地区委員長
樽井 良和(50) (元)国交委員
加藤 勝信(61) 厚生労働相 額賀派 (公)

一覧の見方

・敬称略。投票日(10月22日)の翌日時点の年齢。候補者の並び方は小選挙区が届け出順。比例代表は公示前の勢力順で、各党内は名簿登載順。

・小選挙区の選挙前議席政党は区割り変更前の旧選挙区の2014年衆院選または直近の補欠選挙の結果。青森、岩手、三重、奈良、熊本、鹿児島の6県は減区された。

・自民の各派閥に所属する前職は原則として派閥名を記した。9月28日の衆院解散時に民進党に所属していた前職、公認内定していた新人と元職もわかるようにした。

・顔写真は共同。

党派の略称

自民党 希望の党 公明党 共産党 立憲民主党 日本維新の会
社民党 日本のこころ 民進党 自由党 諸 派 無所属

選挙情勢 (紙面PDF)

党派別立候補者数
  合計 小選挙区 比例代表 公示前
自 民 332 277 313 290
希 望 235 198 234 57
公 明 53 9 44 34
共 産 243 206 65 21
立 民 78 63 77 15
維 新 52 47 52 14
社 民 21 19 21 2
こころ 2 0 2 0
諸 派 91 44 47 0
無所属 73 73 39

※諸派は幸福実現党など。公示前勢力は衆院解散後の党派の移動を反映した