トップ > 特集 > 衆院選2017 > 立候補者

衆院選2017

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

大阪1区:大阪市中央、西、港、天王寺区など

選挙前議席政党:維

■選挙区情勢

 井上と大西が競る。井上は行政改革などを訴えて維新支持層を固め、議席維持を狙う。大西は区割り変更を受け、支持拡大に奔走。民進から立憲民主に移る村上は旧民進支持層の取り込みを急ぐ。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
井上 英孝(45) 党組織局長
大西 宏幸(50) (元)安保委員 岸田派 (公)
小泉 修平(70) 会社社長
村上 賀厚(58) 会社社長 解散時は民進
柴山  昇(63) 党地区委員長

大阪2区:大阪市生野、阿倍野、東住吉、平野区

選挙前議席政党:自

■選挙区情勢

 左藤が安定した戦い。安倍政権の実績を訴え連続当選を狙う。椎木は教育無償化を訴えて支持基盤の拡大を急ぐ。尾辻は共産の支援も受け、安倍政権への批判票の獲得に全力を挙げる。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
尾辻かな子(42) (元)参院議員 解散時は民進
椎木  保(51) (元)国交委員
左藤  章(66) (元)防衛副大臣 岸田派 (公)

大阪3区:大阪市大正、住之江、住吉、西成区

選挙前議席政党:公

■選挙区情勢

 維新が候補者擁立を見送るなか、佐藤が公明支持層を手堅くまとめリード。渡部は憲法改正阻止や安全保障関連法の廃止を強調し、自公政権への反対票取り込みを狙う。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
渡部  結(36) 党准中央委員
佐藤 茂樹(58) (元)厚労副大臣 (自)
中条栄太郎(48) 会社役員

大阪4区:大阪市北、都島、福島区

選挙前議席政党:自

■選挙区情勢

 中山と美延が競り合う。中山は自民支持層の6割、公明支持層の7割を固めた。美延は市議時代からの地盤を強みに維新支持層の取り込みを急ぐほか、希望の後押しも受けて追い上げをはかる。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
中山 泰秀(47) (元)外務副大臣 細田派 (公)
清水 忠史(49) (元)国交委員
美延 映夫(56) (元)大阪市議

大阪5区:大阪市此花、西淀川、淀川、東淀川区

選挙前議席政党:公

■選挙区情勢

 国重が公明支持層の9割、自民支持層の4割をまとめ、幅広い年代にも浸透して優勢。長尾は共生社会や労働環境の改善を訴えて安倍政権への批判票や無党派層の取り込みに懸命。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
数森 圭吾(38) 幸福実現党員
国重  徹(42) (元)法務委理事 (自)
長尾 秀樹(65) (元)大阪市議 解散時は民進
北山 良三(65) (元)大阪市議

大阪6区:大阪市旭、鶴見区、守口市、門真市

選挙前議席政党:公

■選挙区情勢

 伊佐が公明、自民支持層を固め、組織力を生かして先行。立憲民主から出馬する元職の村上は共産支持層などへの浸透も課題で、支持拡大を急ぐ。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
村上 史好(65) (元)文科委理事
伊佐 進一(42) (元)科技特理事 (自)

大阪7区:吹田市、摂津市

選挙前議席政党:自

■選挙区情勢

 渡嘉敷は自民、公明両支持層の7割を固め、幅広い組織票を背景に安定した戦い。奥下は維新支持層への浸透が課題で、街頭演説などで無党派層への訴えに懸命。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
奥下 剛光(42) (元)市長秘書
渡嘉敷奈緒美(55) 環境副大臣 額賀派 (公)
村口久美子(45) 党地区委員

大阪8区:豊中市

選挙前議席政党:自

■選挙区情勢

 学校法人「森友学園」への国有地払い下げが問題となった豊中市での戦いは、大塚が幅広い世代の支持を得てリード。前回、比例復活した木下は維新支持層を固めたが、無党派層への浸透が課題。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
松井 博史(49) (元)議員秘書 解散時は民進
大塚 高司(53) (元)国交政務官 額賀派 (公)
木下 智彦(48) 党青年局長
新居  真(57) (元)豊中市議

大阪9区:池田市、茨木市、箕面市、豊能郡

選挙前議席政党:自

■選挙区情勢

 原田と足立が接戦。原田は自民、公明両支持層で着々と票固め。前回比例復活の足立は無党派に加え、希望や立憲民主の支持層への食い込みも課題。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
服部 良一(67) 党常任幹事 (立)
足立 康史(52) (元)安保委理事
原田 憲治(69) (元)総務副大臣 額賀派 (公)

大阪10区:高槻市、三島郡

選挙前議席政党:民

■選挙区情勢

 横一線の辻元と大隈を松浪が追う展開。立憲民主から出馬した辻元は左派系の支持基盤に加え、無党派層への浸透をはかる。大隈は保守層固めが課題。松浪は改革姿勢を訴えて巻き返しを図る。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
辻元 清美(57) (元)国交副大臣 解散時は民進
大隈 和英(48) (元)内閣委員 麻生派 (公)
松浪 健太(46) (元)厚労政務官

大阪11区:枚方市、交野市

選挙前議席政党:自

■選挙区情勢

 無所属での出馬となる平野は労働組合の後押しを受け、旧民進など野党支持層をまとめる。佐藤は自民支持層の5割、公明支持層の7割を固め、陣営引き締めに躍起。伊東は無党派層への浸透で巻き返しをはかる。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
平野 博文(68) (元)官房長官 解散時は民進
伊東 信久(53) 党国際局長
佐藤ゆかり(56) (元)経産政務官 二階派 (公)

大阪12区:寝屋川市、大東市、四條畷市

選挙前議席政党:自

■選挙区情勢

 北川と藤田が接戦。北川は自民、公明の支持固めを急ぐ。藤田は教育無償化などを訴え、若年層への浸透を狙う。樽床伸二氏が希望の比例単独候補となり、宙に浮く民進支持層への切り込みも焦点に。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
藤田 文武(36) 会社社長
松尾 正利(58) 党地区委員長
北川 知克(65) (元)環境副大臣 麻生派

大阪13区:東大阪市

選挙前議席政党:自

■選挙区情勢

 宗清が自民、公明支持層の7割近くに浸透し連続当選を狙う。青野は維新支持層固めと、無党派層への浸透に懸命。西野は野党票の分散に苦戦。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
西野 弘一(48) (元)予算委員
宗清 皇一(47) (元)総務委員 細田派 (公)
長岡 嘉一(48) (元)東大阪市議
青野 剛暁(43) (元)府議
姜  英紀(45) (元)NHK職員 解散時は民進

大阪14区:八尾市、柏原市、羽曳野市、藤井寺市

選挙前議席政党:維

■選挙区情勢

 谷畑と長尾が競り合う。谷畑は消費増税凍結などを訴え維新支持層をまとめ、無党派層にも食い込む。前回、比例復活の長尾は自公政権の実績を強調し雪辱を期す。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
小松  久(60) (元)府議
谷畑  孝(70) (元)厚労副大臣
長尾  敬(54) (元)外務委理事 細田派

大阪15区:堺市美原区、富田林市、松原市など

選挙前議席政党:自

■選挙区情勢

 浦野と竹本が横一線。浦野は維新支持層を幅広くまとめ、自民支持層にも切り込む。竹本は議席死守へ組織票固めと陣営引き締めに躍起。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
竹本 直一(76) (元)財務副大臣 岸田派 (公)
為  仁史(68) 党地区委員
浦野 靖人(44) (元)内閣委員

大阪16区:堺市堺、東、北区

選挙前議席政党:公

■選挙区情勢

 北側が組織を生かした選挙戦で優位な戦い。公明支持層の大半をまとめ、自民支持層の6割も固めた。森山は共産の支援も受け、自公政権への批判票取り込みに力を入れる。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
森山 浩行(46) (元)災害特理事 解散時は民進
北側 一雄(64) (元)国土交通相 (自)

大阪17区:堺市中、西、南区

選挙前議席政党:維

■選挙区情勢

 馬場と岡下が競る。維新幹事長の馬場が知名度を生かし無党派などの支持取り込みをはかる。岡下は自民、公明の支持固めを急ぎ、巻き返しに懸命。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
岡下 昌平(42) (元)経産委員 二階派 (公)
馬場 伸幸(52) 党幹事長
藤本 幸子(42) 党地区役員

大阪18区:岸和田市、泉大津市、和泉市など

選挙前議席政党:維

■選挙区情勢

 遠藤を神谷が追う展開。再選を期す遠藤は維新支持層を幅広くまとめる。神谷は自民、公明両党の支持を7割近く固めており、無党派層への浸透が課題。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
遠藤  敬(49) 党国対委員長
矢野 忠重(67) 党地区役員
神谷  昇(68) (元)国交委員 二階派 (公)

大阪19区:貝塚市、泉佐野市、泉南市など

選挙前議席政党:維

■選挙区情勢

 連続当選をめざす丸山は行革や経済対策を訴え、維新支持層の大半をまとめる手堅い戦い。谷川は自公政権の実績を強調し、自民、公明支持層の票固めに全力。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
谷川 とむ(41) (元)文科委員 細田派 (公)
丸山 穂高(33) (元)財金委員
北村 みき(51) (元)中学教諭

一覧の見方

・敬称略。投票日(10月22日)の翌日時点の年齢。候補者の並び方は小選挙区が届け出順。比例代表は公示前の勢力順で、各党内は名簿登載順。

・小選挙区の選挙前議席政党は区割り変更前の旧選挙区の2014年衆院選または直近の補欠選挙の結果。青森、岩手、三重、奈良、熊本、鹿児島の6県は減区された。

・自民の各派閥に所属する前職は原則として派閥名を記した。9月28日の衆院解散時に民進党に所属していた前職、公認内定していた新人と元職もわかるようにした。

・顔写真は共同。

党派の略称

自民党 希望の党 公明党 共産党 立憲民主党 日本維新の会
社民党 日本のこころ 民進党 自由党 諸 派 無所属

選挙情勢 (紙面PDF)

党派別立候補者数
  合計 小選挙区 比例代表 公示前
自 民 332 277 313 290
希 望 235 198 234 57
公 明 53 9 44 34
共 産 243 206 65 21
立 民 78 63 77 15
維 新 52 47 52 14
社 民 21 19 21 2
こころ 2 0 2 0
諸 派 91 44 47 0
無所属 73 73 39

※諸派は幸福実現党など。公示前勢力は衆院解散後の党派の移動を反映した