トップ > 特集 > 衆院選2017 > 立候補者

衆院選2017

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

神奈川1区:横浜市中、磯子、金沢区

選挙前議席政党:自

■選挙区情勢

 元防災相の松本が安定した戦い。7選にむけて会社員、主婦層の3割をまとめた。篠原は政権批判票の4割を獲得。長島は支持拡大に懸命。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
松本  純(67) (元)防災相 麻生派 (公)
長島 一由(50) (元)逗子市長
篠原  豪(42) (元)外務委理事 解散時は民進

神奈川2区:横浜市西、南、港南区

選挙前議席政党:自

■選挙区情勢

 官房長官の菅が実績、組織力ともに盤石。内閣支持層の9割をまとめた。野党票は3つに割れた。新人は浸透に躍起。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
高橋 野枝(43) 会社員 解散時は民進
菅  義偉(68) 官房長官 (公)
大貫 清文(60) 党県委員
橋本 久美(48) (元)豊島区議

神奈川3区:横浜市鶴見、神奈川区

選挙前議席政党:自

■選挙区情勢

 国家公安委員長の小此木がリード。自民、公明支持層を7割固めた。元職の勝又は無党派層の取り込みが課題。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
壹岐 愛子(32) 幸福実現党員
勝又恒一郎(54) (元)法務委理事 解散時は民進
小此木八郎(52) 防災相 (公)
伊藤久美子(57) (元)県議 (立)
釘丸  進(44) 党地区委員長

神奈川4区:横浜市栄区、鎌倉市、逗子市など

選挙前議席政党:無

■選挙区情勢

 浅尾、早稲田、山本の混戦。自民に入党した浅尾が無党派層にも浸透し一歩リード。早稲田は共産票の4割を集め左派の支持拡大を狙う。山本は自民支持層固めが課題。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
山本 朋広(42) 防衛副大臣 (公)
早稲田夕季(58) (元)県議 解散時は民進
浅尾慶一郎(53) (元)決算委員
風間 法子(47) (元)会社員

神奈川5区:横浜市戸塚、泉、瀬谷区

選挙前議席政党:自

■選挙区情勢

 4選を目指す坂井が安定した戦い。自民支持層の8割と会社員、主婦層の4割を固めた。吉岡は無党派層を狙う。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
坂井  学(52) 総務副大臣 (公)
横山 征吾(46) 党県委員
吉岡 憲史(39) (元)民放記者

神奈川6区:横浜市保土ケ谷、旭区

選挙前議席政党:公

■選挙区情勢

 安定した支持基盤を持つ上田を青柳が追い上げる。青柳は若い世代の取り込みが課題。串田は浸透に躍起。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
串田 誠一(59) 弁護士
青柳陽一郎(48) (元)安保委理事 解散時は民進
上田  勇(59) (元)財務副大臣 (自)

神奈川7区:横浜市港北区。都筑区の一部

選挙前議席政党:自

■選挙区情勢

 自民支持層の8割を固めた鈴木が優勢。幅広い年齢、職種から支持を得る。中谷は政権批判票の4割をまとめた。川野は希望、維新支持層の5割を得たものの、さらなる支持拡大が課題。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
鈴木 馨祐(40) 党青年局長 麻生派 (公)
川野  案(35) 会社員 (維)
中谷 一馬(34) (元)県議 解散時は民進

神奈川8区:横浜市緑、青葉区など

選挙前議席政党:維

■選挙区情勢

 江田が知名度、組織ともに盤石の戦い。自民支持層、内閣支持層も3割切り崩した。三谷は支持固めに躍起。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
加藤 リカ(45) 党地区役員
大西 恒樹(53) 会社社長
江田 憲司(61) (元)維新代表 解散時は民進
三谷 英弘(41) (元)安保委員 (公)

神奈川9区:川崎市多摩区。宮前区の一部

選挙前議席政党:民

■選挙区情勢

 希望支持層の8割、無党派層の4割をまとめた笠が優勢。中山は自民支持層の7割を固めて巻き返しを図る。斉藤は左派の取り込みを狙う。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
斉藤  温(26) 翻訳業
中山 展宏(49) (元)内閣委理事 麻生派 (公)
笠  浩史(52) (元)文科副大臣

神奈川10区:川崎市川崎、幸区。中原区の一部

選挙前議席政党:自

■選挙区情勢

 8選をめざす田中が安定した地盤で優位。自民、公明支持層の8割をまとめ、幅広い年齢層から支持を集める。畑野、市川は自民批判票の掘り起こしに懸命。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
市川 佳子(53) (元)県議 解散時は民進
畑野 君枝(60) (元)文科委員
田中 和徳(68) (元)環境副大臣 麻生派 (公)

神奈川11区:横須賀市、三浦市

選挙前議席政党:自

■選挙区情勢

 小泉が安定して独走。知名度、組織力を武器に無党派層の4割をまとめた。会社員や主婦層の支持も集める。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
瀬戸 和弘(65) 党地区役員
真白リョウ(41) 作詞作曲家
小泉進次郎(36) 党筆頭副幹長
圷  孝行(67) (元)高校教諭

神奈川12区:藤沢市、高座郡

選挙前議席政党:自

■選挙区情勢

 阿部と星野の接戦。阿部は政権批判票を手堅く取り込む。星野は自民支持層の7割、公明支持層の6割を固めた。原は追い上げに懸命。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
原  輝雄(43) (元)藤沢市議
星野 剛士(54) (元)経産政務官 (公)
阿部 知子(69) (元)予算委員 解散時は民進

神奈川13区:大和市、海老名市、綾瀬市など

選挙前議席政党:自

■選挙区情勢

 甘利が先行。安定した地盤を生かし公明支持層の9割も獲得。太は無党派層の取り込みが課題。岡崎は立憲民主の7割、社民の6割と左派勢力に浸透。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
甘利  明(68) (元)経済再生相 麻生派 (公)
太  栄志(40) (元)議員秘書 解散時は民進
岡崎  裕(39) 党県役員

神奈川14区:相模原市中央区。緑、南区の一部

選挙前議席政党:自

■選挙区情勢

 赤間が地盤を生かして優位。会社員、主婦層の4割の支持を得た。本村は無党派層の取り込みで追い上げを狙う。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
本村賢太郎(47) (元)国交委理事 解散時は民進
中野渡 旬(69) 党県委員
赤間 二郎(49) 内閣府副大臣 麻生派 (公)

神奈川15区:平塚市、茅ケ崎市、中郡

選挙前議席政党:自

■選挙区情勢

 河野が盤石の戦い。知名度と実績を武器に自民、公明支持層の8割を固めた。共産の2割、立憲民主の5割を得る。新人2人は浸透に懸命。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
河野 太郎(54) 外相 麻生派 (公)
佐々木克己(62) 党県副代表
乃木 涼介(53) 俳優 解散時は民進

神奈川16区:厚木市、伊勢原市など

選挙前議席政党:民

■選挙区情勢

 後藤と義家が3度目の激戦。後藤は無党派層の上積みを図る。義家は自民、公明支持層の7割を固める。池田は政権批判票の獲得に躍起。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
義家 弘介(46) (元)文科副大臣 細田派 (公)
後藤 祐一(48) (元)安保委理事
池田 博英(54) 党地区委員長

神奈川17区:小田原市、秦野市、南足柄市など

選挙前議席政党:自

■選挙区情勢

 牧島がリード。自民、公明支持層の8割を固めたほか、全ての年齢層から3割以上の支持を集める。神山は無党派層への浸透で追い上げを図る。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
横田 英司(59) 党県委員
牧島かれん(40) (元)内閣政務官 麻生派 (公)
神山 洋介(42) (元)内閣委理事 解散時は民進

神奈川18区:川崎市高津区。中原、宮前区の一部

選挙前議席政党:自

■選挙区情勢

 自民支持層の8割をまとめた山際が優勢。三村は無党派層の2割をまとめ、上積みを狙う。若林は政権批判票の獲得に懸命。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
山際大志郎(49) (元)経産副大臣 麻生派 (公)
三村 和也(42) (元)財金委員 解散時は民進
若林 靖久(32) 党准県委員

一覧の見方

・敬称略。投票日(10月22日)の翌日時点の年齢。候補者の並び方は小選挙区が届け出順。比例代表は公示前の勢力順で、各党内は名簿登載順。

・小選挙区の選挙前議席政党は区割り変更前の旧選挙区の2014年衆院選または直近の補欠選挙の結果。青森、岩手、三重、奈良、熊本、鹿児島の6県は減区された。

・自民の各派閥に所属する前職は原則として派閥名を記した。9月28日の衆院解散時に民進党に所属していた前職、公認内定していた新人と元職もわかるようにした。

・顔写真は共同。

党派の略称

自民党 希望の党 公明党 共産党 立憲民主党 日本維新の会
社民党 日本のこころ 民進党 自由党 諸 派 無所属

選挙情勢 (紙面PDF)

党派別立候補者数
  合計 小選挙区 比例代表 公示前
自 民 332 277 313 290
希 望 235 198 234 57
公 明 53 9 44 34
共 産 243 206 65 21
立 民 78 63 77 15
維 新 52 47 52 14
社 民 21 19 21 2
こころ 2 0 2 0
諸 派 91 44 47 0
無所属 73 73 39

※諸派は幸福実現党など。公示前勢力は衆院解散後の党派の移動を反映した