トップ > 特集 > 衆院選2017 > 立候補者

衆院選2017

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

栃木1区:宇都宮市の一部、河内郡など

選挙前議席政党:自

■選挙区情勢

 強固な地盤を持つ船田が独走。自民支持層の9割を固め、無党派層の2~3割に浸透。柏倉は追い上げに懸命。(12日時点)
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
渡辺 典喜(34) (元)会社員 解散時は民進
柏倉 祐司(48) (元)文科委理事
船田  元(63) (元)経企庁長官 額賀派 (公)
青木  弘(56) 党県委員

栃木2区:鹿沼市、日光市、さくら市など

選挙前議席政党:民

■選挙区情勢

 無所属で出馬した福田がリードを保っている。立憲民主支持層の8割、希望支持層の5割を取り込み、無党派層の3割からも支持を得た。西川はサラリーマン層の支持が3割にとどまるなど、苦戦気味。農業団体など組織票固めを急ぎ、巻き返しを狙う。
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
西川 公也(74) (元)農相 二階派 (公)
福田 昭夫(69) (元)総務政務官 解散時は民進 (社)

栃木3区:大田原市、那須塩原市など

選挙前議席政党:自

■選挙区情勢

 簗が固い保守地盤に支えられ、手堅い戦い。自民支持層の8割近くをまとめ、無党派層の3割に浸透。渡辺は希望支持層の8割を固め、追い上げに懸命。(12日時点)
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
槙  昌三(74) (元)町議
石渡  剛(48) 幸福実現党員
渡辺美由紀(58) 医師
簗  和生(38) 国交政務官 細田派 (公)

栃木4区:小山市、真岡市、芳賀郡など

選挙前議席政党:自

■選挙区情勢

 佐藤が組織力を生かし優位な戦い。自民支持層の9割を固め、無党派層の2割近くにも浸透。藤岡は巻き返しを図る。山崎は独自の戦い。(12日時点)
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
佐藤  勉(65) (元)総務相 麻生派 (公)
山崎 寿彦(64) 党県役員
藤岡 隆雄(40) (元)金融庁職員 解散時は民進

栃木5区:足利市、佐野市など

選挙前議席政党:自

■選挙区情勢

 茂木が安定。自民支持層の8~9割をまとめ、希望支持層の2割超も固める。大豆生田は支持拡大に懸命。川上が絡む。(12日時点)
氏名 肩書 党派 派閥 推薦 前元新 重複
茂木 敏充(62) 経済再生相 額賀派 (公)
大豆生田実(51) (元)足利市長
川上  均(61) 党県委員

一覧の見方

・敬称略。投票日(10月22日)の翌日時点の年齢。候補者の並び方は小選挙区が届け出順。比例代表は公示前の勢力順で、各党内は名簿登載順。

・小選挙区の選挙前議席政党は区割り変更前の旧選挙区の2014年衆院選または直近の補欠選挙の結果。青森、岩手、三重、奈良、熊本、鹿児島の6県は減区された。

・自民の各派閥に所属する前職は原則として派閥名を記した。9月28日の衆院解散時に民進党に所属していた前職、公認内定していた新人と元職もわかるようにした。

・顔写真は共同。

党派の略称

自民党 希望の党 公明党 共産党 立憲民主党 日本維新の会
社民党 日本のこころ 民進党 自由党 諸 派 無所属

選挙情勢 (紙面PDF)

党派別立候補者数
  合計 小選挙区 比例代表 公示前
自 民 332 277 313 290
希 望 235 198 234 57
公 明 53 9 44 34
共 産 243 206 65 21
立 民 78 63 77 15
維 新 52 47 52 14
社 民 21 19 21 2
こころ 2 0 2 0
諸 派 91 44 47 0
無所属 73 73 39

※諸派は幸福実現党など。公示前勢力は衆院解散後の党派の移動を反映した