渡航中止勧告、来月以降に順次解除 相手国の制限緩和促す
新型コロナウイルスの影響で閑散とする成田空港第2ターミナルの国際線出発ロビー(8月4日)

渡航中止勧告、来月以降に順次解除相手国の制限緩和促す

政府は新型コロナウイルスを受けた海外への渡航中止勧告を10月以降、段階的に解除する。オーストラリア、ニュージーランド(NZ)、ベトナムなど新規感染者数が少ない10以上の国・地域がまず候補になりそうだ。渡航の可否は受け入れ国が決める。日本からの出国を緩めることで相手国の入国制限の撤廃につなげる。

外務省は渡航に関して4段階の「感染症危険情報」を出している。どのレベルでも法的拘束力はなく、相手国が認…

安倍前首相「菅氏、ずいぶん前から後継資格者」

安倍晋三前首相は日本経済新聞のインタビューで菅義偉首相に関し、後継候補として「ずいぶん前から有資格者だと思っていた」と明かした。総裁選で敗れた自民党の岸田文雄前政調会長については「『時、利あらず』ということだったのだろう」と述べた。菅政権への期待なども聞いた。

――体調はその後、いかがでしょうか。

「新しく使い始めた薬が非常に良く効いて、順調に快復している」

――後継に菅首相が就きました。

「…

対面授業、世界で制約 4億人がなお遠隔学習

新型コロナウイルスの影響で閉鎖した世界中の学校が新学年・学期を本格的に迎えている。感染拡大を懸念し、対面授業の全面再開に慎重な学校はなお多い。4億人を超す児童・生徒が遠隔で学ぶが、通信環境などが整わず教育機会の格差が広がる恐れがある。学校閉鎖が続く国もあり、支援強化を求める声が高まっている。

公立学校に児童生徒110万人が在籍し、全米最大規模の学区を抱えるニューヨーク市は、21日に予定していた対…

TikTok配信禁止を一時差し止め 米地裁が判断

【ワシントン=鳳山太成】中国発の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を巡り、米連邦地裁は27日、トランプ米政権による配信禁止措置の一時差し止めを命じる判断を示した。禁止措置は同日深夜に発効する予定だった。安全保障を理由に対中強硬策を打ち出してきた政権の次の判断が焦点となる。

首都ワシントンの連邦地裁が、ティックトックの運営会社が求めてきた一時差し止めを認めた。米商務省は米国内でのアプ…

キオクシア上場延期 米中摩擦響く、2位連合構想に影

半導体メモリー2位のキオクシアホールディングス(旧東芝メモリホールディングス)は28日、東京証券取引所への上場を延期すると発表した。米中貿易戦争の余波で中国の華為技術(ファーウェイ)向けの出荷ができなくなるなど収益見通しが悪化。上場を機に首位の韓国サムスン電子を追走し、台頭する中国勢を迎え撃つ「2位集団」となる構想に影を落とす。

「今は適切な時期ではない」「無理に上場するのはかえって逆効果だ」。…

テレワークで「生産性向上」2割 従業員管理難しく

新型コロナウイルス禍でテレワークが定着するなか、焦点となっているのが従来の働き方と比べた生産性だ。「社長100人アンケート」でテレワークで自社の労働生産性がどうなるか聞いたところ、「上がる」は2割にとどまった。約5割の経営者がコミュニケーション不足や従業員の管理のやりにくさを感じており、運用の最適解を模索している。

新型コロナ対策として、97.9%の企業がテレワークを継続している。自社の労働生産…

国内の新規感染者、足元は横ばい傾向

新型コロナウイルスの最新のニュースをこちらのページでまとめてお読みいただけます。…

マラソンの景色かえた厚底 ナイキの革新魂

マラソンの景色かえた厚底ナイキの革新魂

スタートラインにずらりと並んだ鮮やかなピンクの厚底シューズ。2019年9月に行われた東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」は近年の潮流をみるようだった。ゴールした男子上位10人中8人が着用。日本代表を選ぶレースとともに、シューズではナイキの"一人勝ち"が話題をさらった。

■神話が崩れた

その1カ月後、衝撃のニュースが世界を駆け巡った。複数のペースメーカーが何度も入れ替わ…

女性「キャリア見直し」過半数 テレワーク「不安」も
外回りの途中で公園で仕事を進める中山茉莉花さん(東京都渋谷区)

女性「キャリア見直し」過半数テレワーク「不安」も

新型コロナウイルスへの対応でテレワークなど働き方が変わり、女性の意識が変化している。8月下旬の日経ウーマノミクス・プロジェクト会員への調査では、1136人中54.6%が「転職や副業、起業、学び直しを具体的に考えたり、行動したりした」と回答。キャリア見直しに動いていた。

「職歴を整理してみようと転職サイトに登録した」のはシステムエンジニアの30代女性。「明確な転職意思はない」としながらも、「自分にどん…

PR

stay ahead with our exclusive insights on asia

Nikkei Asian Review brings you the Asian business, politics and economy stories others miss. Read exclusive content as well as translations from the Nikkei.

Do not show this message again (今後このメッセージを表示しない)

利便性向上、利用分析および広告配信等のためにクッキーを利用してアクセスデータを取得しています。詳しくは「データ利用について」をご覧ください。オプトアウトもこちらから可能です。