日立、日立建機を売却へ 産業革新投資機構が出資検討
日立建機は東証1部上場で日立製作所が約51%の株式を保有。このうち約半数を売却する方向で検討する

日立、日立建機を売却へ産業革新投資機構が出資検討

■ITとのシナジー薄い上場子会社の整理進める

■約10年間取り組んできた構造改革の仕上げ

■一定の保有株残し、協業関係は維持する方針…

ミニストップ、完全無人店に参入 オフィスなど1000カ所

ミニストップは完全無人の店舗に参入する。扱う商品を菓子や飲料に限定した小型店で、支払いは全てキャッシュレスとする。出店費用を通常のコンビニエンスストアの1%以下に抑え、企業のオフィスの中など1000カ所への早期出店を目指す。これまでも人手不足を機に店舗の見直しが進んできたが、新型コロナウイルスで対応が加速している。

コーヒーなどの提供で各種オフィスに販路を持つユニマットライフ(東京・港)と組んで…

トランプ氏「ワクチン数週で」 バイデン氏「危機終わらせる」

アメリカ大統領選挙まで2週間を切りました。トランプ米大統領とバイデン前副大統領が直接対決する最後のテレビ討論会が日本時間10月23日午前10時に始まります。討論会ドキュメントで両氏の表情や発言をお伝えします。…

三菱重工、空回りの航空機1兆円投資 決断先送りのツケ

三菱重工業が国産初のジェット旅客機の事業化を凍結する方針を固めた。2008年に開発に着手したものの、度重なる設計変更などで納期を6度延期した。それでも国の支援も受ける官民プロジェクトとして約1兆円を投じ、開発を続けてきた。その間に本業の業績も悪化しており、迷走してきたツケは大きいと言えそうだ。

「なぜ撤退と言い切れないのか」。10月上旬に三菱重工の一部幹部に示された文書の文言をめぐり、社内の異論…

河野氏「将来シックス・アイズに」 日経・CSISシンポ

日本経済新聞社は23日、都内で米戦略国際問題研究所(CSIS)と共催の第17回シンポジウム「日米新政権と米中相克の時代」を開いた。河野太郎行政改革・規制改革相(前防衛相)は民主主義と独裁主義の分断が進む中で、英米などとの連携を深めることが重要だと話した。

ビデオで基調講演した河野氏は具体策として5カ国が機密情報を共有する枠組みである「ファイブ・アイズ」との連携強化を提唱。日本が一段と密にし「ゆく…

三菱ケミカルHD、新社長にベルギー出身ギルソン氏

三菱ケミカルホールディングスは23日、食品や医療関連素材を手掛ける仏ロケット社の最高経営責任者(CEO)を務めるジョンマーク・ギルソン氏(56)を2021年4月1日付で社長に招く人事を発表した。三菱ケミカルHDの…

新型コロナ、国内感染者9万4018人 新たに612人確認

新型コロナウイルスの最新のニュースをこちらのページでまとめてお読みいただけます。…

iPhone「5G」、狭いエリアとサービス不足が壁
購入したばかりの「iPhone 12 Pro」を手にする女性(23日午前、東京都渋谷区)

iPhone「5G」、狭いエリアとサービス不足が壁

米アップルの次世代通信規格「5G」に対応した新型「iPhone12」シリーズ2機種が23日に発売された。国内のスマホシェア約5割を占めるiPhoneが5G普及の起爆剤と期待されるものの、5Gを使えるエリアが狭いうえ、個人向けのサービスも限られる。普及にはまだ時間がかかりそうだ。

例年と違って静かな滑り出しだった。23日午前8時、東京・表参道のアップルストアが開店した。iPhoneの新機種の発売に…

耕作放棄地をリゾートに 「6次産業」カリスマの手腕

耕作放棄地をリゾートに「6次産業」カリスマの手腕

首都圏の農業王国・千葉県。北東部の香取市の山中に年25万人が訪れる農園リゾート「ザファーム」がある。ここを開いた和郷(同市)は農作物の生産から加工、流通までこなす「6次産業化」で先頭を走ってきた。産直、履歴管理、植物工場、観光との融合――。いち早く最先端に挑み続けてきた社長の木内博一さん(52)の意欲は衰え知らずだ。

■もうからない農業と決別

「大きい!」。ザファームの農園で家族連れがサツマイモな…

PR

利便性向上、利用分析および広告配信等のためにクッキーを利用してアクセスデータを取得しています。詳しくは「データ利用について」をご覧ください。オプトアウトもこちらから可能です。