米、対中コロナ訴訟相次ぐ 国際法への違法問う
トランプ米大統領(左)と中国の習近平国家主席

米、対中コロナ訴訟相次ぐ国際法への違法問う

■迅速な情報提供怠ったとし、損害賠償請求

■中国の国家責任問うのに必要な立証は困難

■訴訟の背景には覇権争う米中の非難合戦も…

都立学校の休校、GWまで延長へ 新型コロナウイルス

新型コロナウイルスの感染者の急増を受け、東京都は31日、4月の新学期から再開する予定だった都立学校の休校措置を延長する方向で調整していることが関係者への取材で分かった。再開は5月のゴールデンウイーク明けになる見通しだ。

区立小中も都の方針に準じるとみられる。都では感染者数が急増し、31日には78人の感染が確認された。感染拡大の収束の見通しが立たず、休校の延長に向けて検討を進めている。

小池百合子…

昭和電工、コロナは「一過性」に賭ける1兆円

「一過性の要因に惑わされることなく、将来に向けての大型の事業構造改革を強力に断行してまいります」――。新型コロナウイルスの感染者が中国を中心にまだ6万人余りだった2月14日、昭和電工の森川宏平社長は決算説明会で繰り返し「一過性」を強調した。しかし、足元の世界の感染者は当時の約10倍にふくらんだ。社運を賭けて約1兆円を投じる日立化成の買収にも暗雲が垂れこめている。

昭和電工は3月24日、昨年12月…

トランプ氏「今後苦しい2週間」 米の死者24万人到達も

【ワシントン=鳳山太成】トランプ米大統領は3月31日、米国での新型コロナウイルスの感染拡大を受け「とても厳しい2週間に向かう。苦しい2週間になる」と先行きに厳しい認識を示した…

米歌手が在宅ライブ 「家でもできる」若者に呼びかけ

【シリコンバレー=佐藤浩実】新型コロナウイルスのまん延に揺れる米国で、感染の拡大防止に歌手や著名人が一役買っている。以前は若者らがビーチに繰り出すなど危機感の薄さも目立ったが、エルトン・ジョンさんなど大物歌手が相次ぎ自宅でコンサートを開催。「家でもできる」と呼びかけ、危機感の醸成や生活習慣の見直しを呼びかけている。忍び寄る「医療崩壊」のリスクを防ぐため連携が広がる。

29日、歌手のエルトン・ジョ…

「全力でコロナ対策、その後V字回復めざす」菅義偉氏

歴代最長の官房長官として安倍政権をかじ取りする菅義偉氏(71)。新型コロナウイルスの感染収束後の世界と日本を見据えながら奮闘しています。

菅義偉氏(すが・よしひで) 1948年12月生まれ。秋田県出身。民間企業や議員秘書、横浜市議を経て96年衆院選で初当選。2012年12月に発足した第2次安倍内閣から官房長官を務める。19年4月に新元号「令和」を公表した。

――2030年の世界の中の日本の姿は。…

新型コロナ、44都道府県で2135人感染

新型コロナウイルスの感染拡大が続いています。最新のニュースをこちらのページでまとめてお読みいただけます。…

新型コロナでお金に困ったら… 知って役立つ安全網
マスク姿で通勤する大勢の人たち(11日、東京都中央区)=共同

新型コロナでお金に困ったら…知って役立つ安全網

「新型コロナウイルスとの闘いは短距離走ではありません。1年は続く可能性のある長いマラソンです」――。ノーベル賞を受賞した京都大学の山中伸弥教授は個人で開設したコロナ関連ホームページでこう語る。家計も持久戦の覚悟が必要だ。ことコロナに関する限り「ウチは関係ない」はあり得ない。マラソンに耐えるお金の「トリセツ」、まずは万一の場合のセーフティーネット(安全網)を知っておこう。

■生活のお金が心もとない時…

PR

stay ahead with our exclusive insights on asia

Nikkei Asian Review brings you the Asian business, politics and economy stories others miss. Read exclusive content as well as translations from the Nikkei.

Do not show this message again (今後このメッセージを表示しない)

利便性向上、利用分析および広告配信等のためにクッキーを利用してアクセスデータを取得しています。詳しくは「データ利用について」をご覧ください。オプトアウトもこちらから可能です。