新型肺炎、武漢市が交通機関を停止 死者は17人に
閉鎖された中国・武漢の海鮮市場(17日)=共同共同

新型肺炎、武漢市が交通機関を停止死者は17人に

■新型肺炎の発生地で現地時間23日午前10時から

■バス、地下鉄、鉄道駅、空港も閉鎖

■WHOは「緊急事態」の是非判断へあすも協議…

米テスラの時価総額、VW上回る 自動車で世界2位に

【シリコンバレー=白石武志】米電気自動車(EV)メーカー、テスラの時価総額が22日、独フォルクスワーゲン(VW)を超え自動車メーカーでトヨタ自動車に次ぐ世界2位になった。2019年末に世界最大のEV市場である中国で主力小型車「モデル3」の生産が始まり、成長が加速するとの期待が高まっている。欧州でも21年に新工場の稼働を計画しており、株価は2019年10月以降、2倍に上昇している。

アナリストらに…

ベゾス氏がハッキング被害 サウジ皇太子関与の公算も

【ニューヨーク=吉田圭織】米アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)の携帯電話がハッキング被害に遭い、サウジアラビアのムハンマド皇太子が関与していた可能性があることが22日、分かった。国連人権理事会の特別報告者が同日に声明を出し、米国や関係当局による迅速な捜査を求めた。

声明を出したのは、国連人権理事会でカショギ氏の殺害事件を担当するカラマール特別報告者と、表現の自由を担当…

コンビニの店舗減少、市場飽和にあらず

コンビニエンスストアの店舗数が2019年末の時点で初めて減少した。人手不足に伴う新規出店の抑制が原因だが、決して市場が飽和したわけではない。逆に伸びる市場に対してコンビニ各社が対応を誤ったことが大きい。

日本フランチャイズチェーン協会によると、19年末のコンビニ大手7社の店舗数は5万5620店で18年末に比べ123店減少した。3強を見るとセブン―イレブン・ジャパンが288店の純増、ローソンはほぼ…

小中学校にパソコン1人1台 特需を喜べないメーカー

政府は総額26兆円規模の総合経済対策を2019年12月に閣議決定した。注目すべき対策が、義務教育課程である小中学校への大規模なパソコン導入に向けた予算措置だ。国内パソコン市場がまるごともう一つ生まれるほどの規模だが、パソコンメーカーには単純に喜べない事情がある。

■1000万台規模の新規・更新需要

整備の目標について政府は「全学年の児童生徒一人ひとりがそれぞれ端末を持ち、十分に活用できる環境の実現…

中国の巨大問屋街で見た米中摩擦 一帯一路、ECの影響も

米中貿易戦争が始まって1年半。制裁緩和の動きが出てきたが、関税合戦の終結はなお見えない。貿易摩擦の最前線はどうなっているのか。中国・浙江省の義烏(イーウー)にある世界最大の雑貨卸売市場を訪ねた。習近平(シー・ジンピン)政権による広域経済圏構想「一帯一路」の中国側の起点の1つでもあり、新たな商流のほか越境EC(電子商取引)の影響も垣間見えた。

▼義烏国際商貿城 中国・浙江省の義烏市内にある雑貨や日…

トヨタ最上級のトリプルAに R&I格付け、国債上回る

格付投資情報センター(R&I)は22日、トヨタ自動車の発行体格付けを「ダブルAプラス」から1段階引き上げ、「トリプルA」にすると発表した。構造変化が進む自動車業界のなかでも、トヨタの収益、財務の基盤は強く、負債の返済能力がさらに高まったと評価した。同格付けは21段階あるなかの最上級で、財政悪化がかねて懸念されている日本の国債(ダブルAプラス)を上回った。

トヨタがトリプルAに返り咲くのは2012…

マイクロソフト初代CTOが挑む「食のアップデート」

マイクロソフト初代CTOが挑む「食のアップデート」

「ファクトフルネス」「ヒルビリー・エレジー」「シュードッグ」。米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ(64)は夏と冬の休暇シーズンが近づくと、おすすめの本をブログに書く。科学や経済、歴史考察からノンフィクションまで、無類の読書好きとして知られるゲイツ。彼はある年、珍しく料理の本を挙げた。「この本は、僕が唯一開いた料理の本だな」。ゲイツは笑いながら著者に告げた。

■ゲイツが読んだ唯一の料理本

ゲイツが…

次回展望は「10年たっても2%未達」か

次回展望は「10年たっても2%未達」か

「焦点は次回の4月でしょう」――。日銀幹部がこう話すのは日銀が3カ月ごとにまとめている「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」だ。21日の金融政策決定会合で公表した同リポートの対象期間は2019~21年度までだが、4月には新たに22年度の見通しが加わる。言い換えれば、黒田東彦総裁の10年間の任期が実質的に終わるまでの見通しが出てくる。

今回の展望リポートでは、政府の経済対策を踏まえ、19~21年…

PR

stay ahead with our exclusive insights on asia

Nikkei Asian Review brings you the Asian business, politics and economy stories others miss. Read exclusive content as well as translations from the Nikkei.

Do not show this message again (今後このメッセージを表示しない)

利便性向上、利用分析および広告配信等のためにクッキーを利用してアクセスデータを取得しています。詳しくは「データ利用について」をご覧ください。オプトアウトもこちらから可能です。