家計簿公開でやりくり上手 SNS投稿、継続の励みに
隙間時間を利用しSNSで家計簿を公開する

家計簿公開でやりくり上手SNS投稿、継続の励みに

■アプリで支出分類し加工、作業は10分

■コメント参考に新たに運用を開始

■載せる項目注意、資産額などは×…

中国経済に高齢化の影 迫る「団塊」退職、しぼむ内需

中国経済に少子高齢化の影が忍び寄ってきた。17日発表した2019年の実質国内総生産(GDP)成長率は6.1%にとどまり、18年から0.5ポイントも縮小した。米国との貿易戦争が主因だが、生産年齢人口の減少による個人消費の弱含みも無視できない。中国版「団塊の世代」が退職し始める22~23年から下押し圧力は本格化する見通しで、世界第2の経済に大きな重荷となる。

「成長率は依然として世界1位だ」。中国国…

退職代行を実体験 出せない辞表「本当は自分で…」

「会社を辞めさせてほしい」。2019年夏、体調不良で自宅療養中だった山本悟さん(仮名、26)が電話でおずおずと申し出ると、穏やかだった社長の態度が一変した。「仕事があるだろう。とにかく会社に来い!」

山本さんが大阪府内のIT企業に就職したのは同年春。法人向けシステム開発などを担当したが、職場の雰囲気は悪かった。上司が部下を激しく叱責するのは日常茶飯事。有給休暇で休んでいた先輩が「来なかったら職務…

東芝、架空取引200億円 ITサービス子会社で

東芝は18日、IT(情報技術)サービスを手掛ける連結子会社で架空取引があったと発表した。2019年4~9月に計上した売上高約200億円規模がこれまで明らかになっており、19年4~12月期決算で取り消す方向だ。20年3月期に営業利益(米国会計基準)1400億円を見込んでいるが「該当するのは利益率が高くない案件で、現時点で影響があるとはみていない」としている。

架空取引があった子会社は東芝ITサービ…

東芝、車谷会長が社長に 権限を集中

東芝は18日、車谷暢昭会長兼最高経営責任者(CEO、62)が4月1日に社長に就任する人事を発表した。綱川智社長(64)は代表権のない会長になる。外部から招いた人材が東芝の社長に就くのは48年ぶり。インフラやエネルギーなど既存事業とデジタル技術を組み合わせた成長戦略を進めるために、車谷氏に権限を集めて意思決定を迅速にできる体制を整える。

車谷氏は指名委員会の承認を受けて4月に社長に就任する。車谷氏…

日産は「子」のままでいいか

レバノンに逃亡後、連日のようにメディアに登場する日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告。その「いとこ」という人に以前、会ったことがある。元会長より10歳年上の元銀行家で、こう話していた。

「我々は古代フェニキア人の末裔(まつえい)であることに誇りを感じる。カルロスもきっと同じ思いだ」。フェニキア人は現在のレバノン一帯に居住し、古代地中海貿易を支配した海洋民族だ。アルファベットを欧州に伝え、商業革…

敵は「一軒家」にあり 大河ドラマの運命やいかに

19日、NHKの新大河ドラマ「麒麟がくる」がようやく始まる。舞台は定番の戦国時代、主人公は「本能寺の変」を起こす明智光秀。織田信長ら3英傑も登場し、平均視聴率が大河史上最低となった前作からの反転攻勢をもくろむ。しかし事前の公開情報を見る限り、山なかの「一軒家」を描く裏番組に流れた高齢視聴者の奪還、明るく正しい「朝ドラ」との差異化、ネット世代の取り込みという3つの課題が浮かび上がる。「国民的ドラマ…

月収は2倍 姉妹ユーチューバー、ニッチで稼ぐ

月収は2倍姉妹ユーチューバー、ニッチで稼ぐ

無料動画サイト「ユーチューブ」に、自ら撮影した映像を投稿して収入を得る「ユーチューバー」。HIKAKIN(ヒカキン)や、はじめしゃちょーのように、数百万人を超える登録者を抱え、億円単位で稼ぐスターがいる一方で、ニッチ(隙間)なニーズを掘り起こして成功する人も増えている。中国語学習者に目をつけた「李姉妹」も、そんなユーチューバーだ。開設1年で登録者数は10万人を超え、会社員時代の2倍の収入を得てい…

確定申告まで1カ月 何のため? 会社員も必要?
年間の納税額を再計算して納め過ぎの税金があれば還付を受け、不足分があれば追加で納付する

確定申告まで1カ月何のため?会社員も必要?

所得税の「確定申告」の時期まで1カ月。ふだんは2月16日から3月15日までだが、2020年はともに日曜日なので2月17日から3月16日までとなる。誰が何のためにするのか? 会社員も必要なのか? 確定申告のポイントを解説する連載の第1回は、こうした基本的な疑問に答える。

【関連記事】妻のパート収入が想定超え 配偶者控除、再計算必要?

■源泉徴収税は「仮の税金」

所得税は年間の稼ぎ(所得)があった人が1…

PR

stay ahead with our exclusive insights on asia

Nikkei Asian Review brings you the Asian business, politics and economy stories others miss. Read exclusive content as well as translations from the Nikkei.

Do not show this message again (今後このメッセージを表示しない)

利便性向上、利用分析および広告配信等のためにクッキーを利用してアクセスデータを取得しています。詳しくは「データ利用について」をご覧ください。オプトアウトもこちらから可能です。