住信SBI、上場を検討 ネット専業銀行で初
住信SBIネット銀行

住信SBI、上場を検討ネット専業銀行で初

インターネット専業の住信SBIネット銀行が株式を上場する検討に入ったことがわかった。株式を50%ずつ持つSBIホールディングスと三井住友信託銀行がすでに協議を始めており、ネット専業の銀行としては初の上場になる見通しだ。住信SBIは上場で経営の自由度や知名度を高めるとともに、住宅ローンに偏る収益構造の多角化を図る。

住信SBIは2007年に業務を始めた。ネット専業の銀行には00年以降に異業種から参…

トヨタの中国全工場、再開2月10日以降に 肺炎見極め

トヨタ自動車が中国での完成車工場の操業再開を当初予定の2月初旬から2月10日以降に延期することが29日わかった。新型肺炎の感染拡大の影響を見極めるほか、広東省が企業の営業再開を10日以降にするよう指示を出したことなどを考慮した。天津市なども含めて5カ所ある全工場で対応する。現時点では再開時期は決まっておらず、操業再開が長期化すれば業績への影響も大きくなりそうだ。

トヨタが現地企業と設立した合弁会…

ノジマ社長「スルガ銀の出資比率上げ、役員派遣も」

スルガ銀行の筆頭株主で家電量販大手ノジマの野島広司社長は日本経済新聞の取材に対し、出資比率の引き上げや役員の派遣を通じ、同行との連携を深めたいとの考えを示した。相乗効果を高めるには現在の18%強の出資比率では中途半端だと指摘。踏み込んだ関係強化が必要だと強調した。またスルガ銀を通して他の地銀との連携を模索する考えも示した。

ノジマは2018年から純投資目的で5%弱のスルガ銀株を保有していた。投資…

中国の新型肺炎感染、SARS上回る 世界6000人超す

【広州=川上尚志】中国の湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の同国内の感染者数は28日時点で累計5974人に達した。前日から1459人増えた。中国の国家衛生健康委員会が29日発表した。死者数は前日から26人増えて132人になった。中国メディアは、海外でも50人以上の感染者が確認されたと報じており、世界の感染者数は6000人を超…

最高益アップル 中国肺炎の影 クック氏「販売に影響」

■新型肺炎がアップルの経営リスクに浮上

■クックCEO「この数日で中国全域の販売に影響」

■中国各地の生産・部品供給拠点へ影響の恐れも…

新型肺炎、どれくらい怖い? インフルと同じ対策を

新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大がとまらない。中国では28日時点で感染者数は約6000人、死者は130人超にまで増えた。感染力は当初想定よりも高く、2003年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)と同程度という専門家もいる。毎年のインフルエンザと同じ対策を徹底することが重要だ。

新型ウイルスについて長崎大学の安田二朗教授は、新型コロナウイルスの感染力を「中東呼吸器症候群(MERS)より…

武漢からチャーター機206人帰国 体調不良で5人搬送

中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、現地に滞在していた邦人206人を乗せた日本政府の最初の民間チャーター機が29日午前、武漢から羽田空港に到着した。政府は第2陣となるチャーター機を同日夜にも日本から派遣する方向で調整しており、残る邦人の退避を急ぐ。

感染症対策で政府が帰国用のチャーター機を派遣するのは初めてとみられる。206人は全員が日本国籍。東京都によると、…

情報・分析・準備に自立心 ナショナルチームの虎の巻

情報・分析・準備に自立心ナショナルチームの虎の巻

2020年米女子ツアー開幕戦、ダイヤモンドリゾーツ・チャンピオンズ(米フロリダ州)は過去2シーズンの優勝者しか出られない。元大リーガーら腕自慢のセレブアマチュア部門もあり、華やかさもウリの大会だ。

米ツアー挑戦4シーズン目、21歳になったばかりの畑岡奈紗は早速、ガビー・ロペス(メキシコ)と2日にまたがる長いプレーオフを演じた。

先にロペスにバーディーを決められ、焦ってしまって2位だったが、スタート…

人知超す未来予測 五輪の警備、意思や行動も読む

人知超す未来予測五輪の警備、意思や行動も読む

「その場にいると、1時間後に熱中症リスクが危険レベルに達します」。太陽が照りつける東京・お台場の路上でトライアスロンの選手に声援を送っていた観客に、スマートフォンのアプリが警告する。2020年東京五輪で、こんな個人向け予報がお目見えしようとしている。

民間気象会社のウェザーニューズが筑波大と取り組む「都市気象予測モデル」は、1~5メートル四方の範囲で暑さ指数や風向きなどを予測する。気温や湿度とい…

PR

stay ahead with our exclusive insights on asia

Nikkei Asian Review brings you the Asian business, politics and economy stories others miss. Read exclusive content as well as translations from the Nikkei.

Do not show this message again (今後このメッセージを表示しない)

利便性向上、利用分析および広告配信等のためにクッキーを利用してアクセスデータを取得しています。詳しくは「データ利用について」をご覧ください。オプトアウトもこちらから可能です。