中途採用10年ぶり伸び DX人材底上げ、ソニーGは2割増

中途採用10年ぶり伸びDX人材底上げ、ソニーGは2割増

■主要企業、今年度の中途採用が16%増

■製造業で即戦力を採用する動き広まる

■大卒の新卒採用より中途の伸び率大きく…

米の対中圧力、重層的に 孤立主義から同盟を前面

日米首脳は16日の共同声明で「台湾海峡の安定」と民主主義の堅持を明記した。発足3カ月で中国との対峙へと軸足を移すバイデン米政権と、並走する日本。切迫する国際情勢にどう対応するのか。

「中国との率直な対話の重要性を認識するとともに、直接懸念を伝えていく」とした声明で、中国が神経をとがらせる「台湾」への言及は実に52年ぶりだ。

米中の国交正常化の端緒となった「ピンポン外交」からちょうど半世紀。超大国…

給与デジタル払い、確実に 債務保証要件で資金確保

厚生労働省が解禁を検討している給与のデジタル払いに関する制度案が分かった。キャッシュレスサービスを手掛ける資金移動業者に対し、破綻に備えた債務保証や、不正な取引の際の損失補償などの要件を設ける。安全性を懸念する声があることを踏まえ、確実に支払われるよう担保する。

厚労省が19日に予定する労働政策審議会(厚労相の諮問機関)の分科会に示す。連合は資金移動業者への規制が銀行と比べて緩く、給与を取り扱う…

「政府の説明ころころ変わる」 ワクチンで戸惑う自治体

「どうしたらワクチンを受けられるんですか」。仙台市が設置したコールセンターは電話が鳴りやまない。3月末に65歳以上の高齢者27万人に接種券を発送したものの、当面、接種できるのは施設入居者のみ。多くの高齢者は自分がいつ打てるのか分からない。問い合わせは1日3000件を超えることもある。

とにかく情報が足りない。厚生労働省の担当部署では自治体への返信が滞ったメールが一時1000件を超えた。6月末まで…

ミャンマーで邦人拘束 フリー記者、家宅捜索の情報も

【ヤンゴン=共同】ミャンマー在住のフリージャーナリスト北角裕樹さん(45)が18日、最大都市ヤンゴンの自宅近くで治安当局に拘束された。地元メディアなどが報じた。治安当局の家宅捜索を受けたとみられ、段ボール箱が持ち出される様子を近所の住民が目撃したという。北角さんは2月26日、国軍のクーデターに抗議するデモの取材中に拘束され、同日中に解放されていた。

地元メディアによると、北角さんは4月18日夜、…

日立造船と東京ガス、風況予測で洋上風力の効率最大に

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。データ解説や最新ニュースもまとめてお読みいただけます。…

新型コロナ、国内感染53万4923人 新たに4093人確認

新型コロナウイルスの最新のニュースをこちらのページでまとめてお読みいただけます。

特集ペ…

「本物の美術品」ブロックチェーンが保証

「本物の美術品」ブロックチェーンが保証

アートには、社会と経済を動かす不思議な力が備わっている。絵画や彫刻作品がオークションであっという間に何億円もの価値を生み出すかと思えば、最先端のデータ技術を駆使した信頼性の高い作品取引システムの構築を市場に促すこともある。アーティストの起業を後押ししたり、新たな街づくりの源泉となったりすることも。アートが人々の「知性」を刺激し、多種多様なビジネスを創り出す瞬間を追った。

「ONE PIECE」も…

マイナンバー、給付金や相続に 新制度で手続き円滑に
政府はマイナンバーカードの普及を後押しするため、利用範囲の拡大に努めている

マイナンバー、給付金や相続に新制度で手続き円滑に

デジタル庁の設置などを盛り込んだデジタル改革関連法案の審議が今の国会で進んでいる。5月に可決・成立する公算が大きく、個人がマイナンバーを利用すると公的給付の受け取りや相続の手続きが円滑になる制度が新設される予定だ。確定申告や戸籍の分野でも電子化は始まっており、マイナンバーの利用範囲が一段と広がる。

「マイナンバーやマイナンバーカードの利便性を高めようとする施策が目立つ」。行政のデジタル化に詳しい…

PR

利便性向上、利用分析および広告配信等のためにクッキーを利用してアクセスデータを取得しています。詳しくは「データ利用について」をご覧ください。オプトアウトもこちらから可能です。