テクノロジー > 環境・エネルギー > 特集:シェール革命の真実

特集:シェール革命の真実

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

米国に「燃費気にしない」機運、技術戦略に転換迫るか [有料会員限定]

 同じ熱量当たりで比べると、価格が原油の4分の1以下のシェールガスはクルマの燃料としても使える。一方で、シェールオイルの増産が世界的に進んで原油の生産量が大幅に増えれば、ガソリン価格の低下も期待できる…続き (2013/12/19)

【PR】

図3 Audiが開発したバイフューエル車「A3 Sportsback g-tron」。ガソリンだけではなく天然ガスも燃料として使える。走行1km当たりのCO2排出量は95g/kmで、プリウスの89g/kmに迫る。Audiは2013年内に発売する方針。価格は未定(写真:日経Automotive Technology)

シェール使える天然ガス車のアキレス腱 [有料会員限定]

 同じ熱量当たりで比べると、価格が原油の4分の1以下のシェールガスはクルマの燃料としても使える。一方で、シェールオイルの増産が世界的に進んで原油の生産量が大幅に増えれば、ガソリン価格の低下も期待できる…続き (2013/12/11)

シェールガス採掘場の例。写真はネクセンが主導して生産中の、カナダのシェールガス鉱区「ホーンリバー」

シェール革命で過不足する原料 次は「石炭革命」か [有料会員限定]

 シェール革命は、石油や天然ガスを原料とする樹脂(プラスチック)などの価格に大きな影響を与える可能性がある。前回は、最も基本的な化学原料であるエチレンの価格が、生産能力の急拡大によって低下する一方、タ…続き (2013/11/11)

【PR】

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年2月23日付

2017年2月23日付

・中古車競売用システム、東南アで販売
・あっさり食べやすい中鎖脂肪酸 日清オイリオ
・東電出資の米VB、日本でエネ効率化事業に参入 AIでデータ解析
・市光工業、インドネシア工場を自動化 生産能力1割増
・物の動き「LINE」で共有 日通総研…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト