図2 トヨタのピックアップトラック「Hilux」欧州向けモデル。2016年夏に発売。Safety Sense Pのセンサーとして、初めてContinental製を採用。最初の車両であるため、自動ブレーキに機能を絞った。欧州の自動車アセスメント「EuroNCAP」への対応が狙い

自動運転

トヨタ、自動ブレーキ調達に競争原理 独社が猛追 [有料会員限定]

 トヨタ自動車が2015年から実用化している自動ブレーキ「Safety Sense」用センサーの調達先を一部変更したことが分かった。同ブレーキには、先行車を認識…続き (1/24)

関連記事

【PR】




【PR】

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年1月25日付

2017年1月25日付

・サイト構築、成功報酬で 富士通 中堅飲食向けに安く
・マネキン進化論 メーカーの七彩、客層分析機能持たせる
・住友大阪セメント 石灰石の埋蔵量をドローンで測量
・日本ピストンリング ライン改造で生産能力2倍
・和光純薬 マウスの反応、ヒトに近く…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト