6月16日のセ・パ交流戦、阪神―楽天戦(甲子園)で、楽天のドラフト1位新人の藤平尚真が先発でデビューした。阪神・原口文仁に2ランを浴びて負け投手になったが、150キロ近い速球の威力は十分。チェンジア …続き (6/25)

関連記事

フォトピックアップ

  • 第2ラウンド、8番で第2打を放つ宮里藍(24日、ピナクルCC)=共同共同
  • メキシコ―ロシア 後半、決勝ゴールを決め喜ぶメキシコのロサノ=中央(24日、カザニ)=共同共同
  • 男子シングルス準決勝 プレーする張本智和(24日、成都)=共同共同
  • 男子100メートル決勝で力走する(右から)10秒05で優勝したサニブラウン、2位の多田、4位の桐生、3位のケンブリッジ(24日、ヤンマースタジアム長居)=淡嶋健人撮影 
  • 9回途中2失点で2勝目を挙げた中日・小笠原(24日、東京ドーム)=共同共同
  • 女子決勝 演技する岸彩乃(24日、高崎アリーナ)=共同共同
  • 男子予選 千葉健太のあん馬(24日、高崎アリーナ)=共同共同
  • 9回から登板し、2回無失点で3勝目を挙げた楽天・松井裕(24日、札幌ドーム)=共同共同
  • 8回オリックス2死、小島が右越えに勝ち越しの本塁打を放つ(24日、ほっともっと神戸)=共同共同
  • 4回西武無死一塁、メヒアが中越えに逆転2ランを放つ(24日、ヤフオクドーム)=共同共同

ハイライト・スポーツ

[PR]