この写真をTwitterでつぶやく この写真をFacebookに追加

 太平洋戦争末期、爆薬を積んで敵艦に体当たりしたボート「震洋」。特攻艇を率いる第18震洋隊の隊長だった島尾敏雄の「その夏の今は」は、出撃を待つ隊員たちの異常な生の日々をつづった作品だ。今も戦跡が残る鹿児島県の加計呂麻(かけろま)島を訪ねた。 (2015/8/15)

【PR】

テーマ特集一覧

大震災6年
大震災(3)
大震災(2)
大震災(1)
文学周遊