この写真をTwitterでつぶやく この写真をFacebookに追加

 戦後まもなく、社会史資料館の建設を目指して全国の農漁村に眠る大量の古文書が集められた。しかし、計画は財政難で頓挫。30年余りの時を経て、歴史学者の網野善彦は借用したままの古文書を返却する旅に出た。 (2015/5/30)

テーマ特集一覧

大震災6年
大震災(3)
大震災(2)
大震災(1)
文学周遊