この写真をTwitterでつぶやく この写真をFacebookに追加

 「長州の人間のことを書きたいと思う。」で始まる司馬遼太郎の「世に棲む日日」は、前半は思想家であり教育者だった吉田松陰、後半は弟子で倒幕に突き進む高杉晋作の生涯を描いた歴史小説だ。吉田松陰ゆかりの松下村塾(山口県萩市)の周辺を歩いた。 (2015/5/9)

【PR】

テーマ特集一覧

大震災6年
大震災(3)
大震災(2)
大震災(1)
文学周遊