この写真をTwitterでつぶやく この写真をFacebookに追加

 佗茶(わびちゃ)の大成者、千利休。弟子・本覚坊の手記の形で、師を追憶する物語が井上靖の「本覚坊遺文」だ。秋が深まりゆく京都で千利休ゆかりの地を訪ねた。 (2014/11/22)

テーマ特集一覧

大震災6年
大震災(3)
大震災(2)
大震災(1)
文学周遊