この写真をTwitterでつぶやく この写真をFacebookに追加

 新美南吉の「おじいさんのランプ」は、みなしごの少年・巳之助がランプ売りで身を立てたものの、村に電灯がひかれ、廃業してしまうどこか切ない物語。文明開化の波にもまれながらも、たくましく生きる姿を描いている。童話の里として地元市民に愛され続けている愛知県半田市の岩滑(やなべ)地区周辺を歩いた。 (2014/10/11)

テーマ特集一覧

大震災6年
大震災(3)
大震災(2)
大震災(1)
文学周遊