この写真をTwitterでつぶやく この写真をFacebookに追加

 『火城』は佐賀藩第10代藩主・鍋島直正の下、蒸気機関の国産化に奔走した佐野常民の半生を描く歴史小説。技術立国を目指した幕末同藩ゆかりの地を歩いた。 (2014/2/22)

テーマ特集一覧

大震災6年
大震災(3)
大震災(2)
大震災(1)
文学周遊