この写真をTwitterでつぶやく この写真をFacebookに追加

 梨木香歩の「家守綺譚」は主人公・綿貫征四郎が亡くなった親友の実家の家守をしながら死者や異界と交流を重ね、自らの精神を養う物語。作品舞台のモデルとなった京都から大津の琵琶湖疏水沿いを歩いた。 (2014/1/18)

【PR】

テーマ特集一覧

大震災6年
大震災(3)
大震災(2)
大震災(1)
文学周遊