この写真をTwitterでつぶやく この写真をFacebookに追加

 国民のおよそ90%が仏教徒といわれるミャンマー。日常の中にその教えは深く浸透している。毎年、雨期が明けた太陽暦の11月ごろ(ビルマ暦の8月)、満月の夜を迎える日に「タザウン・ダインの祭り」が行われる。僧侶に僧衣や傘などを寄進するのが慣習で現在は日用品や現金を寄進する姿もみられる。11月17日、同国の最大都市、ヤンゴン中心部にある仏教寺院「シュエダゴン・パゴダ」には大勢の仏教徒が集まり、幸福を祈り手を合わせた。 (2013/12/14)

【PR】

テーマ特集一覧

大震災6年
大震災(3)
大震災(2)
大震災(1)
文学周遊