この写真をTwitterでつぶやく この写真をFacebookに追加

 名古屋・栄の商業施設「オアシス21」で、毎週土曜日の午前中に有機農家が集まる「朝市村」が開かれている。新規就農した若者らが新鮮な野菜や卵などを持ち寄り、客とおしゃべりしながら販売している。環太平洋経済連携協定(TPP)で農業に危機感が高まるなか、中部圏の若手オーガニック・ファーマーの群像を紹介する。 (2013/7/21)

関連記事

【PR】

テーマ特集一覧

リオ五輪・パラ
世界遺産 富士
大震災(3)
大震災(2)
大震災(1)