この写真をTwitterでつぶやく この写真をFacebookに追加

 岩手県の第三セクター鉄道、三陸鉄道(宮古市)の南リアス線(36.6キロ)は4月3日、大船渡市内を走る盛―吉浜間(21.6キロ)の運行を再開した。東日本大震災から2年が過ぎてなお津波の爪痕が残る沿岸を、真新しい車両が駆け抜けた。
 初日は無料の記念列車が3往復し、待ちわびていた地元住民や鉄道ファンらが乗車した。4日からは通常ダイヤの7往復となり、通勤や通学の足として復活する。 (2013/4/4)

テーマ特集一覧

大震災6年
大震災(3)
大震災(2)
大震災(1)
文学周遊