この写真をTwitterでつぶやく この写真をFacebookに追加

 書店が1軒しかなく図書館もない村の子供たちに読書の機会を広げようと、福島県飯舘村が2010年に始めたプロジェクト「絵本のリレー」。家に眠る絵本を寄贈してもらい、再び命を吹き込みたいとの願いも込めたものだった。福島第1原発の事故で中断を余儀なくされていたが、移動図書館車が完成し、再び子供たちのもとに絵本が届けられるようになった。 (2013/3/15)

関連記事

テーマ特集一覧

大震災6年
大震災(3)
大震災(2)
大震災(1)
文学周遊