この写真をTwitterでつぶやく この写真をFacebookに追加

 東北の高校柔道強化のため、全国から強豪校を招待して行う「女川町長旗争奪全国高校選抜柔道錬成大会」。宮城県女川町で2007年に始まったが、津波で町が壊滅した女川での開催が困難となった。復興支援の名の下に関係者が奔走、昨年から隣県福島の三春町で、「女川町長旗」をめぐり熱戦を繰り広げることとなった。今年の大会には、女川出身の部員を擁する宮城県立石巻工業高柔道部も参加。柔道場が津波で浸水し、練習が出来ない日が続いた同高だが、昨年は宮城県の新人戦で3位に入るなど健闘している。さらに上のステージを目指すため、同高柔道部員は全国大会常連校の胸を借りた。 (2013/2/12)

関連記事

テーマ特集一覧

大震災6年
大震災(3)
大震災(2)
大震災(1)
文学周遊