この写真をTwitterでつぶやく この写真をFacebookに追加

 津波と福島第1原発事故による風評被害に苦しむ福島県相馬市の和田観光苺組合で3日、イチゴ狩りが始まった。国の復興支援事業として2億円の交付を受け、今シーズンは土耕栽培よりも放射能汚染の心配が少ないハウスの水耕栽培でイチゴを生育した。食の安全をアピールし、農業と観光の復活を目指している。 (2013/1/4)

関連記事

テーマ特集一覧

大震災6年
大震災(3)
大震災(2)
大震災(1)
文学周遊