この写真をTwitterでつぶやく この写真をFacebookに追加

 ワカメの種付けから収穫までを都市部に住む人たちが体験する「マイワカメプロジェクト」が24日、宮城県気仙沼市で始まった。体験会を開いた同市南部の蔵内漁港は、津波で漁船1隻を残しすべてが流された。約20人いたワカメ漁師も被災を機にやめる人が相次いだが、4人だけが昨秋養殖を再開し収穫に成功した。この漁師たちと、震災直後からボランティア活動にあたっていた「シャンティ国際ボランティア会」が開催、漁師との交流などを通して被災地域の漁業復興につなげようとしている。 (2012/11/24)

関連記事

テーマ特集一覧

大震災6年
大震災(3)
大震災(2)
大震災(1)
文学周遊