この写真をTwitterでつぶやく この写真をFacebookに追加

 震災から1年半が過ぎても町にはがれきの山が残る宮城県女川町。女川港はサンマの水揚げで日本有数を誇っていた。東京都は全国の自治体に先駆けて災害廃棄物(がれき)の広域処理に手を挙げた。がれき受け入れに感謝の気持ちを表したいと東京・日比谷公園で女川魚市場買受人協同組合が主催し「おながわ秋刀魚収穫祭in日比谷」が行われ、炭火焼きしたサンマなど10トン分が振る舞われた。サンマとがれきに込めた様々な思いを追った。 (2012/10/20)

関連記事

テーマ特集一覧

大震災6年
大震災(3)
大震災(2)
大震災(1)
文学周遊