この写真をTwitterでつぶやく この写真をFacebookに追加

 余命少ない母と娘の絆を描いた、さだまさしの小説「眉山」。徳島に8月恒例の阿波踊りの季節がやって来た。夕暮れ時、練習で鳴り物の2拍子が響く市内を歩いた。 (2016/8/6)

テーマ特集一覧

大震災6年
大震災(3)
大震災(2)
大震災(1)
文学周遊