この写真をTwitterでつぶやく この写真をFacebookに追加

 丁稚(でっち)からたたき上げられた八田吾平と、跡を継いだ孝平。山崎豊子は「暖簾」で、親子二代の目を通し大阪商人の気概を描いた。舞台となった大阪・船場を歩いた。 (2016/5/21)

テーマ特集一覧

大震災6年
大震災(3)
大震災(2)
大震災(1)
文学周遊