メニュー
2502 : 飲料・たばこ・嗜好品
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【ビール首位】ビールが強み。飲料や海外事業の拡大進める。

現在値(15:00):
4,251
前日比:
-23(-0.54%)

ビール大手4社の16年12月期、最終損益が改善 「家飲み」寄与

2017/2/15 23:28
共有
保存
印刷
その他

 ビール大手4社の2016年12月期の連結決算が15日出そろい、いずれも最終損益が前の期に比べて改善した。16年のビール系飲料の課税済み出荷数量は、ビール、発泡酒、第三のビールの全ジャンルが初めてそろって前年比で減少。業界には逆風が吹くが、採算の良い「家飲み」需要の取り込みが利益改善の一因になった。

 アサヒグループホールディングス(HD)は16年12月期決算から国際会計基準に移行した。15日発表した16年12月期連結決算は、純利益が前の期比18%増の892億円だった。酒類事業は第三のビール「クリアアサヒ」でリニューアル効果が出た。日本茶飲料「十六茶」やタブレット菓子「ミンティア」も好調で、国内主要3事業は全て増益だった。

 国内のビール類市場は縮小が続き、「生活防衛的な消費志向」(アサヒの奥田好秀・最高財務責任者)も強まっている。財布のヒモを堅くした消費者は外食店の利用を控え、自宅で楽しむ「家飲み」を重視。利益率が高い缶製品が相対的に健闘し、採算改善につながった。年間配当は前の期に比べ4円増の54円(従来予想は53円)にする。

 国内が収益をけん引した構図は他社も同じだ。サッポロHDは主力ビール「黒ラベル」や高級ビール「エビス」が伸び、サントリーHDは第三のビール「金麦」などが好調だった。

 キリンHDはビール類の販売は苦戦したが、飲料事業の採算が改善した。緑茶「生茶」や「午後の紅茶」の拡大で工場稼働率が高まったうえ、500ミリリットル入りペットボトルなど利益率の高い小型容器の販売が増えた。

 ただ、海外事業は苦戦気味だ。アサヒの海外事業は部門利益が12%減少。円高や西欧ビール事業の買収に伴う一時費用が響いた。キリンHDも海外で主力のオーストラリア事業の収益が円高で目減りした。

 17年12月期は各社ともに主力ビールを伸ばしつつ、第三のビールなどのテコ入れも図る。アサヒは西欧ビール事業の買収効果も通年で寄与し、最終増益となる見通しだ。キリンHDとサントリーHDは前期に特別利益が膨らんだ反動が響き、最終減益を見込んでいる。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

348件中 1 - 25件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

銘柄発掘・投信発掘ツール

株式や投資信託の銘柄比較を投資指標を使って簡単に行うためのツールです。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

日経業種分類に加えて、企業をより詳細に分類したNEEDS業種分類から同業他社を検索できます。

スマートチャート

個別銘柄以外にも日経平均株価などのローソク足も描けます。移動平均線、一目均衡表、価格帯別売買高なども表示できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 20,130.41 -94.68
日経平均先物(円)
大取,17/09月
20,140 -10
  • QUICK Money World