2017年1月21日(土)朝刊

小池知事、石原氏の責任「検証し直す」 豊洲巡る訴訟

記者会見で、豊洲市場移転を巡る住民訴訟への対応について説明する小池都知事(20日、都庁)

 東京都の小池百合子知事は20日の記者会見で、14日に公表した豊洲市場(江東区)の9回目の地下水モニタリング調査の結果が8回目までと比べ急激に悪化したことについて「どういうことか、というのが皆さんの共…続き

【PR】

2017年1月20日(金)夕刊

ゼロ金利解除「成功とはいえず」 日銀の岩田元副総裁

岩田一政・日本経済研究センター理事長

 日銀は20日、2006年7~12月の金融政策決定会合の議事録を公開した。景気の拡大が続いていた当時はデフレ脱却をうかがう局面で、日銀は7月の決定会合で政策金利を年0%から年0.25%に引き上げること…続き

2017年1月20日(金)朝刊

唐鳳氏「自分は女性でも男性でも構わぬ」 (アジアひと未来) [映像あり][有料会員限定]

台湾行政院政務委員、プログラマーの唐鳳氏 

 アジアの民主化で先行し、多様性にも寛容とされてきた台湾。だが経済格差や若者の貧困、対中政策を巡る政治対立などを背景に、社会の断絶が懸念されている。実現間近とされてきた「アジア初」の同性婚の合法化も反…続き

パンツェッタ・ジローラモ氏「政治に意見する場をもっと」 [有料会員限定]

パンツェッタ・ジローラモ氏

 ――日本とイタリアの政治の違いは。
 「日本よりイタリアの方が政治が日常の生活に入っている感じだ。政治への参加意識が強い。例えば選挙中ではなくても、街中の広場で政治家が演説し、数百人が集まる。私も若い…続き

待鳥聡史・京大教授「衆院選の民意“目減り”が問題」 [有料会員限定]

待鳥聡史氏

 ――他の主要7カ国(G7)と比べると、日本の衆院解散の頻度の高さが目立つ。
 「日本と外国の政治制度のズレはよく指摘されるが、それぞれにずれている理由はあるものだ。首相の解散権に制約をかける国は近年、…続き

2017年1月19日(木)夕刊

ビル・ゲイツ財団、感染症対策を強化 [有料会員限定]

米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏

 【ダボス(スイス東部)=小滝麻理子】米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏率いるビル&メリンダ・ゲイツ財団は18日、感染症対策の強化に乗り出すと発表した。日本やドイツなどの政府や世界的な製薬企業と連…続き

2017年1月19日(木)朝刊

ゼヤー・トー氏「政治教わる機会なかった」 (アジアひと未来) [有料会員限定]

国民民主連盟のゼヤー・トー下院議員

 アウン・サン・スー・チー国家顧問(71)が率いる新政権のもと、政治・経済・社会などすべての面で国家改革に取り組むミャンマー。1988年に始まった民主化運動は、軍事政権による弾圧という「冬の時代」を経…続き

ポスト・スー・チーの実相 ナンバー2や後継者不在 (アジアひと未来) [有料会員限定]

スー・チー氏への権限の集中は国政の停滞を招いている

 四半世紀にわたってミャンマーの民主化運動をけん引してきたアウン・サン・スー・チー氏。独立の英雄、故アウン・サン将軍を父に持ち、英オックスフォード大やロンドン大で学位を取得した同国最高の知識人でもある…続き

マッケルウェイン・ケネス・盛・東大准教授「選挙の自由度、米国と対照的」 [有料会員限定]

マッケルウェイン・ケネス・盛氏

 ――日本と世界各国の選挙制度の比較分析を研究しているが、なぜ日本に関心を持ったのか。
 「20年間暮らした米国で体験した選挙運動の長さと自由度が、日本の選挙とあまりに対照的だったためだ。米大統領選は1…続き

米加州弁護士ケント・ギルバート氏「二大政党で政策競争を」 [有料会員限定]

ケント・ギルバート氏

 ――米国と日本の選挙制度を比べて感じることは何か。
 「米大統領選はちょっと長すぎるが、日本は逆に短すぎる。2週間程度の選挙運動では政策論争が十分にできない。選挙事務所のスタッフに払う給料や有権者に出…続き

【PR】

2017年1月17日(火)朝刊

チノイ氏「1本の映画が国中に議論もたらした」 (アジアひと未来) [映像あり][有料会員限定]

パキスタンの映画監督 シャルミーン・オベイド・チノイ氏

 米アカデミー賞で短編ドキュメンタリー映画賞を2度受賞したパキスタン人の映画監督、シャルミーン・オベイド・チノイさん(38)。タブー視され語られにくい古いイスラム社会の慣習と、それを変えようとする人間…続き

2017年1月16日(月)朝刊

「PtoP金融、今始めないと先越される」 (アジアひと未来) [映像あり][有料会員限定]

ファンディング・ソサエティーズの共同創業者、ケルビン・テオ氏(左)とレイノルド・ウィジャヤ氏(右)

 中小企業の経営者と投資家をつなぎ、個人間で資金を融通する「PtoP金融」を手掛けるファンディング・ソサエティーズの共同創業者、ケルビン・テオ氏(30)とレイノルド・ウィジャヤ氏(28)。マレーシアと…続き

大山礼子・駒沢大教授「本当に必要な政治家は少し」 [有料会員限定]

 ――日本の国会は日程闘争が中心だ。
 「他の国を参考にしてみると、1月に召集される通常国会を11月くらいまでにして、与野党が合意してスケジュールを決めるのが効率的だ。より政策的な審議ができるようになる…続き

大西裕・神戸大大学院教授「解散権は政権の実績問うため」 [有料会員限定]

大西裕・神戸大大学院教授

 ――日本では首相に解散権がある。
 「首相が解散権を持つこと自体は問題ではない。国政選挙が多いことも大きな問題ではない。首相だけでは決められないテーマを有権者に問うべき場合もあるからだ」
 「問題は行使…続き

2017年1月15日(日)朝刊

ハリアント氏「夢のために時間を使ってきた」 (アジアひと未来) [映像あり][有料会員限定]

F1レーサーのリオ・ハリアント選手

 自動車レースの最高峰、フォーミュラ・ワン(F1)にインドネシアから初めて参戦したリオ・ハリアント選手(23)。6歳でゴーカートを操り、12歳から専属トレーナーをつけて肉体改造に取り組むなど、地道な努…続き

レーサーの夢、支え続けた家族 (アジアひと未来) [有料会員限定]

1999年、カートのレースで優勝した6歳のリオ・ハリアントさん=KIKY SPORT提供

KIKY SPORT

 インドネシア人で初めて自動車レースのF1のドライバーとなったリオ・ハリアントさん(23)。6歳から世界の最高峰を目指したリオさんに父はカートの運転技術を教え、母は世界中のレースに同行し、兄たちも練習…続き

2017年1月14日(土)朝刊

柯潔氏「中国のイメージ、若い力で変えたい」 (アジアひと未来) [有料会員限定]

19歳ながら囲碁界の世界トップに立ち、早くも「歴代最強」とも言われる柯潔さん。中国・北京市内でインタビューに応じた。

 アジアの囲碁界に彗星(すいせい)のごとく登場した若手スターに世界の注目が集まっている。10代にして早くも4つの世界タイトルを獲得し「史上最強」との声も挙がる中国人棋士、柯潔(か・けつ)九段(19)だ…続き

中国囲碁界、異能を生む土壌 (アジアひと未来) [有料会員限定]

小学1年生の田沐沐君(6)を指導する周宗強氏(45)。「将来、田沐沐は、柯潔を超えるかもしれない」と語る(2016年11月、柯潔の故郷、中国・浙江省麗水市で)

 10代で早くも「史上最強」と称される中国囲碁界の至宝、柯潔(か・けつ)九段(19)。彼だけでなく、近年の中国は若手の強豪棋士が次々と登場している。囲碁はかつて日本のお家芸だったはず。その日本をしのぎ…続き

2017年1月13日(金)夕刊

英EU離脱「移行期間は短く」 ルクセンブルク財務相 [有料会員限定]

インタビューに答えるルクセンブルクのグラメーニャ財務相(12日、東京都千代田区)

 来日したルクセンブルクのピエール・グラメーニャ財務相は日本経済新聞の取材に応じ、英国の欧州連合(EU)離脱後に「移行期間」を設ける案について「期間をあまりに長くすべきではない」との見解を明らかにした…続き

2017年1月13日(金)朝刊

派閥活動より起業支援 書記が語る共青団の現場 (習近平の支配) [有料会員限定]

小さな町にも共青団はある(重慶市城口県)

 中国共産主義青年団(共青団)と聞いて多くの日本人が思い浮かべるのは故・胡耀邦、胡錦濤(74)両氏ら中国の指導者だろう。共青団出身の政治家が「団派」と呼ばれるグループをつくり、派閥抗争を繰り広げている…続き

ロバート・キャンベル東大大学院教授「国家の意思表明が首相の使命」 [有料会員限定]

ロバート・キャンベル氏

 ――日本は首相の国会出席が英国やドイツ、フランスなどに比べてかなり多い。
 「首相にはロシアとの領土交渉など外交に専念すべき場面がある。ほぼ無条件で予算委員会などに時間を奪われるのは非合理的だ。首相は…続き

フレディ・スベイネ駐日デンマーク大使「日本の政治、柔軟性ない」 [有料会員限定]

フレディ・スベイネ氏

 ――日本とデンマークの政治の違いは。
 「デンマークは『参加民主主義』の国だ。国民の政治への関心が高い。議論や意思決定の訓練が幼稚園から教育システムに組み込まれており、民主主義とは何かを肌で学ぶ。小学…続き

2017年1月12日(木)朝刊

女子大生が語る入党事情 私が党員になったワケ (習近平の支配) [有料会員限定]

徐は公務員という安定を捨て、ベンチャー企業を興した(中国・上海)

 13億7000万人の人口を抱える中国。このうち、共産党員はわずか6%。狭き門をくぐるには様々な試練が待ち受ける。かつては周囲から羨望のまなざしを注がれ、将来も約束されるというメリットがあった。だが汚…続き

ティエリー・ダナ駐日仏大使「女性の活躍、政治の世界でも当然」 [有料会員限定]

ティエリー・ダナ氏

 ――フランスは女性議員を増やすために憲法改正までした。
 「国民の期待が非常に高かった。国の政治と社会的な流れに沿った動きであった。1970年代に女性議員の少なさ…続き

2017年1月11日(水)朝刊

「国有企業の改革、道半ば」天津財経大学校長 (習近平の支配) [有料会員限定]

李維安・天津財経大学校長

 中国では共産党や政府と一体となった国有企業が依然として強い影響力を保つ。習近平国家主席は党による一段の支配強化に動く。天津財経大学の校長で、中国の企業統治論の第一人者、李維安教授(59)に中国企業が…続き

民間企業は国策担う「党の先兵」 (習近平の支配) [有料会員限定]

中国民生投資の董事長を務める董文標(右)は、カンボジア首相のフン・セン(左)の前でも始終リラックスしていた(12月1日、プノンペン)

 2016年12月1日午前9時、カンボジアの首都プノンペン。郊外のホテルに約束通り姿を現した首相のフン・セン(65)は、上機嫌だった。
 壇上に立ったフン・センは中国から集まった100人以上の企業経営者…続き

2017年1月10日(火)朝刊

中国式選挙、異端は排除 地方議会選ルポ (習近平の支配) [有料会員限定]

北京市内で選挙ビラを配る李永昆さん(11月8日)

 2016年11月8日午前8時すぎ。北京市南部の農村にはいつものように朝市が立ち、朝食の揚げパンやリンゴを買う人でにぎわっていた。屋台から湯気があがる日常の光景が一変したのは一人の男が街頭に立ってから…続き

「中米関係、1つ上のレベルになる可能性も」 (習近平の支配) [有料会員限定]

王文・中国人民大学重陽金融研究院執行院長

 トランプ次期米大統領の対中政策を探ろうと、中国から多くの学者らが訪米している。そのうちの一人、王文・中国人民大学重陽金融研究院執行院長(36)は、米国の対中政策に長年携わり、トランプ氏にも助言してい…続き

【PR】


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報