2017年2月23日(木)朝刊

「陛下のお考え真摯に受け止め」 皇太子さま会見全文

誕生日を前に記者会見される皇太子さま(東宮御所)=代表撮影

代表撮影

 皇太子さまが57歳の誕生日を迎えるに当たって臨まれた記者会見の全文は以下の通り。
 ――天皇陛下は昨年8月に公表された象徴の務めに対するお言葉で、即位後に象徴天皇としてご自身が歩まれてきた道や、高齢と…続き

【PR】

2017年2月22日(水)朝刊

社会保障に「カネ・ヒト」集中 地方経済下支え (砂上の安心網)

 地方経済を支えていた公共事業が削減されたことで、社会保障関連への依存度が高まっているのではないか。取材班ではこうした「仮説」を立て、全国各地で取材を重ねた。
 宮崎市内の防水施工会社、彩美社は2009…続き

47市で伸び2割超 社保歳出ランキング (砂上の安心網) [有料会員限定]

 全国の自治体の決算データを集計したところ、東日本大震災の復旧・復興事業を除くと2001年度から2015年度にかけて全47都道府県で歳出に占める建設関連の比率が下落し、社会保障関連が上昇していることが…続き

平井・鳥取知事「医療・福祉で地域産業多角化を」 (砂上の安心網) [有料会員限定]

平井伸治氏

 地方経済の社会保障への依存が強まっている。公共事業の減少などを背景に医療・福祉産業が雇用の受け皿になりつつある。鳥取県は医療・福祉の従業者の増加率(公務員を除く)が2001~14年度で8%と47都道…続き

2017年2月21日(火)朝刊

子ども医療費の無料化競争、火元は東京 (砂上の安心網) [有料会員限定]

子どもの医療費を助成する事業は首都圏で自治体間競争の様相を呈している(高校3年生まで医療費を無料にする東京都千代田区の窓口)

 子どもが医療機関に通院する際、窓口での支払いを実質無料か大幅に減らす「小児医療費助成事業」が全国の自治体に広がっている。なかでも自治体間競争の様相を呈しているのが首都圏だ。
 財政的に豊かな東京23区…続き

成育医療研究センター理事長「母親らの孤立も問題」 (砂上の安心網) [有料会員限定]

五十嵐隆氏

 小児科医で、日本小児科学会の会長も務めた国立成育医療研究センターの五十嵐隆理事長は、子ども医療費の無料化を評価する。無料化が過剰受診を招いているとの批判には耳を傾けながらも、その背景には、わが子に何…続き

慶応大の土居教授「医療費無料、過剰受診招く」 (砂上の安心網) [有料会員限定]

土居丈朗氏

 日本の財政健全化を訴え続ける土居丈朗・慶応義塾大学教授は子ども医療費の無料化に疑問を投げかける。病気にならないと恩恵を受けられないうえ、無料化が過剰な受診を招き、結果として負担が全国民につけ回されて…続き

公明党の桝屋部会長「子ども医療無料化、初動に不可欠」 (砂上の安心網) [有料会員限定]

桝屋敬悟氏

 政府・与党は昨年末、子どもの医療費をめぐり大きな決断を下した。自治体が独自に窓口負担を軽くするなら、自治体が運営する国民健康保険に対する国の補助金を減らすというペナルティー施策を、2018年度に転換…続き

2017年2月20日(月)朝刊

ケアセンター代表「地域福祉に本気なのは社福だけ」 (砂上の安心網) [有料会員限定]

山田尋志氏

 京都市で地域密着型のケアセンター「きたおおじ」の代表を務める山田尋志氏は今年、7つの社会福祉法人(社福)を一つに束ねたグループ法人を立ち上げた。経営のスケールメリットを生かしながら、利用者のサービス…続き

こうほうえん理事長「社福法人、地域還元果たせ」 (砂上の安心網) [有料会員限定]

広江研氏

 鳥取県や東京都内で125の事業所を運営する社会福祉法人こうほうえん。1986年の設立以来、介護や保育など質の高いサービスを提供することで成長してきた。創設者の広江研理事長は4月から始まる社会福祉法人…続き

「保育、株式会社にも任せてください」 (砂上の安心網) [有料会員限定]

中村紀子氏

 待機児童問題に揺れる保育業界。首都圏を中心に保育所の整備が追いつかない状態が続いている。民間の新たな施設に期待が集まるが、株式会社が認可保育所を運営するのを実質的に認めていない自治体は多い。一例は東…続き

2017年2月19日(日)朝刊

鴨下・元環境相「公的年金ほど得な保険ない」 (砂上の安心網) [有料会員限定]

鴨下一郎氏

 高所得者の基礎年金を減額する「クローバック」条項。消費税率10%を盛り込んだ「社会保障と税の一体改革関連法案」に入っていたが2012年、当時政権を握っていた旧民主と自民、公明の3党協議により法案から…続き

長妻元厚労相「旧民主の年金改革案、生きている」 (砂上の安心網) [有料会員限定]

民進党の長妻昭元厚労相は「高齢者の貧困率は今後、さらに上昇し、深刻な問題になる」とみる

 2012年当時、旧民主党政権は参院で過半数を失い、野党の自民、公明両党の協力なしでは法案成立が難しい状況になっていた。消費税率の10%への引き上げを盛り込んだ社会保障と税の一体改革関連法案も同じだっ…続き

【PR】

2017年2月18日(土)朝刊

法政大の湯浅教授「貧困ビジネス、行政の依存も」 (砂上の安心網) [有料会員限定]

湯浅誠氏

 ホームレスなどの生活困窮者を無料低額宿泊所などに住まわせ、生活保護費から施設側が多額の家賃や食事代を搾取する「貧困ビジネス」が後を絶たない。困窮者を救うための生活保護制度の悪用はなぜ起こり、どうした…続き

日本福祉大の山田准教授「ケースワーカー不足深刻」 (砂上の安心網) [有料会員限定]

山田壮志郎氏

 無料低額宿泊所などの施設運営者が生活保護受給者から搾取する「貧困ビジネス」。この問題に詳しい日本福祉大の山田壮志郎准教授は、背景にケースワーカー不足や転居支援の動機づけがしにくいという構造的な問題を…続き

2017年2月16日(木)朝刊

日本医師会の松原副会長「地域別の医療ルールを」 (砂上の安心網) [有料会員限定]

松原謙二氏

 財政難が続く日本で、社会保障制度を維持するには限られたお金を正しく使うのが欠かせない。実際は「余計なもの」や「適切ではない人」にお金がわたっているケースもある。「砂上の安心網・第2部」では制度改革へ…続き

規制改革推進会議の林座長「支払基金改革、待ったなし」 (砂上の安心網) [有料会員限定]

林いづみ氏

 ――規制改革推進会議で医療・介護・保育ワーキング・グループの座長を務めています。規制改革推進会議が前身の会議から支払基金に着目したのはなぜですか。
 「社会保障の効率化が必要とされていくなか、国民皆保…続き

【PR】


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報