株主総会スケジュール

  • 会社名・証券コードで選ぶ

  • 日付で検索

  • 決算期で検索

  • 業種で検索

「2017年05月26日」での検索結果:46件

定時株主総会日 証券コード 会社名 関連情報 決算期 業種
2017/05/26 2178 トライステージ 適時開示 2月期 サービス
2017/05/26 2338 ファステップス 適時開示 2月期 サービス
2017/05/26 2683 魚喜 適時開示 2月期 小売業
2017/05/26 2687 シー・ヴイ・エス・ベイエリア 適時開示 2月期 小売業
2017/05/26 2747 北雄ラッキー 適時開示 2月期 小売業
2017/05/26 2872 セイヒョー 適時開示 2月期 食品
2017/05/26 3073 ダイヤモンドダイニング 適時開示 2月期 サービス
2017/05/26 3080 ジェーソン 適時開示 2月期 小売業
2017/05/26 3083 シーズメン 適時開示 2月期 小売業
2017/05/26 3093 トレジャー・ファクトリー 適時開示 2月期 小売業
2017/05/26 3181 買取王国 適時開示 2月期 小売業
2017/05/26 3194 キリン堂ホールディングス 適時開示 2月期 小売業
2017/05/26 3280 エストラスト 適時開示 2月期 不動産
2017/05/26 3385 薬王堂 適時開示 2月期 小売業
2017/05/26 3415 TOKYO BASE 適時開示 2月期 小売業
2017/05/26 3546 ダイユー・リックホールディングス 適時開示 2月期 小売業
2017/05/26 3558 ロコンド 適時開示 2月期 小売業
2017/05/26 3608 TSIホールディングス 適時開示 2月期 繊維
2017/05/26 3915 テラスカイ 適時開示 2月期 サービス
2017/05/26 3929 ソーシャルワイヤー 適時開示 3月期 サービス
2017/05/26 3977 フュージョン 適時開示 2月期 サービス
2017/05/26 4714 リソー教育 適時開示 2月期 サービス
2017/05/26 4920 日本色材工業研究所 適時開示 2月期 化学
2017/05/26 5993 知多鋼業 適時開示 2月期 非鉄金属製品
2017/05/26 6086 シンプロメンテ 適時開示 2月期 サービス
2017/05/26 6183 ベルシステム24ホールディングス 適時開示 2月期 サービス
2017/05/26 6312 フロイント産業 適時開示 2月期 機械
2017/05/26 6469 放電精密加工研究所 適時開示 2月期 機械
2017/05/26 6543 日宣 適時開示 2月期 サービス
2017/05/26 6897 ツインバード工業 適時開示 2月期 非鉄金属製品
2017/05/26 7544 スリーエフ 適時開示 2月期 小売業
2017/05/26 7610 テイツー 適時開示 2月期 小売業
2017/05/26 7611 ハイデイ日高 適時開示 2月期 サービス
2017/05/26 7630 壱番屋 適時開示 2月期 サービス
2017/05/26 7847 グラファイトデザイン 適時開示 2月期 その他製造
2017/05/26 7894 丸東産業 適時開示 2月期 化学
2017/05/26 8143 ラピーヌ 適時開示 2月期 商社
2017/05/26 8203 MrMax 適時開示 2月期 小売業
2017/05/26 8254 さいか屋 適時開示 2月期 小売業
2017/05/26 8519 ポケットカード 適時開示 2月期 その他金融
2017/05/26 8894 原弘産 適時開示 2月期 不動産
2017/05/26 8931 和田興産 適時開示 2月期 不動産
2017/05/26 9835 ジュンテンドー 適時開示 2月期 小売業
2017/05/26 9846 天満屋ストア 適時開示 2月期 小売業
2017/05/26 9974 ベルク 適時開示 2月期 小売業
2017/05/26 9993 ヤマザワ 適時開示 2月期 小売業
  • 上場企業が各証券取引所に提出する決算短信を基に作成しています。
  • 当月に定時株主総会が開催される予定の企業を掲載しております。
  • 開催予定日は調査時点以降の会社側の都合で変更される可能性があります。
  • 情報内容には万全を期しておりますが、システム上のトラブルなどでデータが完全でない場合もあります。データの正確性、相当性、完全性などに対して日本経済新聞社および情報提供者は責任を負いません。当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても日本経済新聞社および情報提供者は一切の責任を負いません。