日本経済新聞 電子版 for GALAPAGOS STORE規約

第1条 規約の適用

  1. 「日本経済新聞 電子版 for GALAPAGOS STORE規約」(以下、日経電子版GS規約といいます)は、シャープ株式会社(以下、シャープといいます)がメディアタブレット、スマートフォンその他の機器(以下、メディアタブレット等といいます)向けの書籍、新聞等のコンテンツ提供サイト「GALAPAGOS STORE」において販売する株式会社日本経済新聞社(以下、日経といいます)の提供する「日本経済新聞 電子版」(以下、日経電子版といいます)をお客様が購入するにあたっての条件を規定したものです。
  2. 前項にそって、日経電子版を購入するお客様を、以下、購入者といいます。
  3. 日経電子版GS規約は、購入者が別途承諾する「コンテンツ利用規約」(以下、コンテンツ利用規約といいます)に定めがない事項について特に定めるものであり、日経電子版の利用に関するすべての事項に適用されます。
  4. 日経電子版GS規約はコンテンツ利用規約の一部を構成し、日経電子版GS規約に定めがない事項については、コンテンツ利用規約の各条項が直接または適切な読み替えを行ったうえで適用されるものとします。
  5. 日経電子版GS規約においてコンテンツ利用規約と異なる事項を定めた場合は、日経電子版GS規約の定めが優先して適用されます。

第2条 日経電子版の購読

購入者は、日経電子版の購入後に発行されるプレIDとパスワードを用いて所定の画面から登録を行い、日経の提供する日経電子版の有料会員として、日経電子版を購読してください。日経電子版GS規約にご承諾いただくことによって、日経に対し、日経電子版に適用される別紙1記載の「日本経済新聞 電子版規約(GALAPAGOS STORE購入者用)」について、ご承諾いただいたものとみなします。

第3条 サービスの停止等

購入者が別紙1「日本経済新聞 電子版規約(GALAPAGOS STORE購入者用)」に違反した場合または日経電子版の解約・購読停止事由に該当した場合、当該事実は、コンテンツ利用規約の違反に該当するものとして、シャープはサービスの停止等を行うことができます。

第4条 日経電子版GS規約等の変更

  1. シャープは、自らが必要と判断した場合、購入者の了承を得ることなく、随時、日経電子版GS規約および別紙記載の規約(以下、本条において日経電子版GS規約等といいます)を追加、変更または削除(以下、本条において変更といいます)することがあり、購入者は、シャープが日経電子版GS規約等を随時変更することおよび日経電子版の利用条件等が変更後の日経電子版GS規約等によることを承諾します。
  2. 日経電子版GS規約等の変更後の内容の告知は、シャープが別途定める場合を除いて、「GALAPAGOS STORE」上に掲載するものとし、当該告知が掲載された時点から変更の効力が生じるものとします。

第5条 免責および損害賠償

シャープは、日経電子版に関連して購入者が被る損害、費用等について、一切責任を負わないものとします。

別紙1 日本経済新聞 電子版規約(GALAPAGOS STORE購入者用)

第1条 目的

「日本経済新聞 電子版規約(GALAPAGOS STORE購入者用)」(以下、日経電子版規約といいます)は、購入者が日経電子版を購読するにあたっての条件を規定したものです。

第2条 適用範囲

  1. 日経電子版規約は、購入者が日経電子版GS規約に承諾することをもって、購入者と日経間にて成立する日経電子版の購読に関する契約(以下、本購読契約といいます)に適用される規約であり、日経電子版のコンテンツ、システムおよびその利用に関するすべての事項に適用されます。
  2. 日経電子版の購読には、購入者が、別途日経が提供する日経IDを取得し、その利用者となる必要があります。
  3. 日経電子版規約に定めがない事項については、別段の定めがない限り、またはその性質に反しない限り、「日経ID利用規約」(http://www.nikkei.com/lounge/help/tos.htmlに記載。以下、日経ID規約といいます)の各条項が直接または適切な読み替えを行ったうえで適用されるものとし、日経電子版規約と日経ID規約の定めが異なる場合、日経電子版規約が優先して適用されます。

第3条 個人情報

  1. 日経は、日経電子版の登録および利用にあたり新たに日経が取得した購入者に関する個人情報(携帯電話向けサービスご利用時の携帯端末固有のID情報を含みます。以下、個人情報といいます)を、「日経IDプライバシーポリシー」にしたがって取り扱います。
  2. 購入者が本購読契約を解約した場合であっても、日経IDから退会しない限り、日経は当該購入者に関する個人情報を消去せずに保有し、「日経IDプライバシーポリシー」にしたがって取り扱います。

第4条 設備等

  1. 購入者は、購入者が日経電子版の購読に要する通信料金および日経電子版を利用するために必要な設備(コンピューター、通信機器、ソフトウェア、高速インターネットへの接続環境など)を、自己の費用と責任で負担するものとします。
  2. 日経は、日経電子版の利用環境(以下、「利用環境」といいます)を別途提示します。
  3. 購入者は、購入者の設備が日経の示す利用環境に適合していない場合、日経電子版の利用ができない場合があることを了承するものとします。また、購入者は、利用環境での利用にもかかわらず、購入者固有の利用環境、コンピューターの設定等によっては日経電子版の利用ができない場合があることを了承するものとします。

第5条 メールサービス

  1. 日経電子版における購入者へのメール送信に際し、メールの未送信、遅延、文字化け、同一メールの複数回送信が発生しても、日経はその責任を負いません。
  2. 購入者が受信したメールを削除・紛失した場合も、日経は当該メールの再送信は行いません。
  3. 購入者が登録しているメールアドレスを変更した場合、当該変更が有効となり、変更後のメールアドレスに日経からのメールが届くまでには日数を要することを購入者はあらかじめ了承し、日経に対して再送信等の要求を行わないものとします。
  4. 購入者は、日経が購入者へ「日経ニュースメール」を送信することを了承するものとします。当該メールの受信は、日経電子版の所定の画面から停止することができます。

第6条 ユーザーサポート

  1. 日経電子版に関するお問い合わせは、日経電子版上のヘルプセンター内の「お問い合わせ」のページより受け付けます。日経からの回答に対して再度問い合わせを受ける場合も、同様に「お問い合わせ」のページから受け付けます。
  2. 日経は、前項に定める「お問い合わせ」のページのほか、電話によるお問い合わせ窓口も用意いたします。
  3. 日経電子版の購読に必要となる個人認証情報(日経ID規約第7条(IDおよびパスワードの管理)第1項にて定義されています)の問い合わせならびに変更および解約の操作依頼には、個人情報保護の観点から一切対応しません。日経はパスワードを暗号化して管理しているため、購入者ご自身からパスワードの問い合わせがあってもお答えできません。

第7条 海外での購読

  1. 海外では、携帯電話向けサービスの利用は動作保証外となります。
  2. 日経電子版の各種更新時間などの定めは日本標準時にしたがいます。

第8条 解約

  1. 購入者は、コンテンツ利用規約の解約手続きを取ることにより、日経電子版の購読を終了すること(本購読契約を解約すること)ができます。
  2. 月の途中での解約は、翌月末日をもって効力を生じるものとします。解約手続きを取った翌月末まで日経電子版は購読できます。
  3. 購入者の資格は、本人のみ有効です。日経は購入者の死亡を知り得た時点をもって、第1項に定める解約手続きがあったものとして取り扱います。
  4. 購入者による個人認証情報の紛失、その他購入者に帰すべき原因により解約ができない場合であっても、日経は解約のために対応する義務はないものとします
  5. 購入者は、本購読契約を解約した場合、自動的に日経電子版登録会員(日経ID規約第15条(電子版登録会員)にて定義されています)となります。
  6. 日経は、本条に基づき行った行為により購入者に生じた損害について一切責任を負いません。

第9条 購読停止

  1. 1.日経は、日経ID規約に定める場合のほか、購入者が次の各号のいずれかに該当すると判断した場合、購入者への事前の通知または催告を要することなく日経電子版の購読を停止(本購読契約を解除)ができます。
    1. 本規約に違反した場合
    2. 日経電子版の登録にあたり入力した情報について不正な利用または虚偽の申告を行った場合
    3. シャープにより、日経電子版の購読が停止された場合
    4. その他合理的な事由により日経電子版の有料会員として不適切と日経が判断した場合
  2. 日経による購入者に対する購読停止措置(本購読契約の解除)に関する質問・苦情は一切受け付けません。
  3. 本購読契約が解除された場合、購入者は期限の利益を喪失し、当該時点で発生している日経に対して負担する債務の一切を一括して履行するものとします。
  4. 購入者が日経ID規約第9条(禁止事項)に違反し、または本条第1項各号のいずれかに該当することにより、日経が損害を被った場合、日経は本購読契約の解除の有無にかかわらず、当該購入者に対して、被った損害の賠償を請求することができるものとします。
  5. 日経が本購読契約を解除したことにより購入者に損害が発生したとしても、日経は一切責任を負いません。

第10条 日経電子版の変更

日経は、購入者に事前の通知をすることなく、日経電子版の内容の全部または一部の変更をすることができるものとします。当該変更には、設備の保守や、天災などに起因するものも含まれます。

第11条 日経電子版の中断等

  1. 日経は、以下の場合には、購入者に事前に通知することなく、日経電子版の全部または一部の提供を中断または終了することができるものとします。
    1. 日経電子版にかかる設備の保守または点検によりやむを得ない場合
    2. 日経電子版にかかる設備にやむを得ない障害等が発生した場合
    3. 電気通信事業者が電気通信サービスの提供を中止することにより日経電子版の提供が困難となった場合
    4. 戦争、暴動、労働争議、天災地変(地震、噴火、洪水、津波等)、火災、停電その他の非常事態により、日経電子版の提供ができなくなった場合
    5. その他、日経が日経電子版の運営上、中断または終了が必要と判断した場合
  2. 日経は、日経電子版の提供・中断、事故・障害等によって、直接または間接的に生じた購入者または第三者の損害について、自らに故意または重大な過失がある場合を除いて一切責任を負いません。
  3. その他、日経電子版に関する日経の免責については、日経ID規約第30条(免責および損害賠償)の定めが適用されます。

以上

(2010年12月10日制定)
(2012年5月7日改定)
(2015年12月1日改定)
(2016年6月30日改定)