日本社会の変化とともに、仕事や働き方も変わっている。
変化は新鮮な刺激であると同時に、ストレスにもなる。それでも――。

私たちは、変化を恐れない働き手でありたい

日本は変わるか、変わったか「働き方Next」を解読する

SKIPSCROLL

日本初の電子ショッピングモールを立ち上げて17年。勝つために、成長するために、男は自らを鍛え続け、社員にもそれを求めてきた。
進化を止めた瞬間に、波に飲み込まれる--。
多くの修羅場を乗り越えたからこそ見える現実だ。

「リセットははじまっている」

人口減少、グローバル競争、ITによる技術革新――。急激な変化に飲み込まれ、企業も働き手も、過去の延長で未来を考えることがもはや難しくなっている。「日本株式会社」と呼ばれた画一的な企業社会は姿を消し、業界の勢力図の塗り替えはめまぐるしい。どんな大企業にいようとも、雇用の安定と高収入を手にできる保証はない。

グローバル競争で処遇の変化が激しいパナソニック、急成長後の停滞に悩むグリー――。

リセットボタンが押されても働き続けられる存在になるために、何が必要なのか。すべては変化を直視することから始まる。

安定した大企業を飛び出し、外資系で働いていた男のもとに、古巣から予想外の復帰オファーが届く。任されたのは人事戦略担当という要職だった。
年功主義から、「中途・出戻り歓迎」への大転換。すべては「すごい人」を採るために。

「フラット化する会社」

新卒入社から40年弱の人生を過ごす「カイシャ」という共同体。メンバーであり続けることがすなわち会社に貢献することだった時代があった。年齢に比例して報酬が増える右肩上がりの賃金カーブは自然の産物だった。

だがこうした共同体には、再雇用のシニアや産休後の女性、外国人のような存在はうまくなじめない。有能な人材を取り逃していることに気づいた企業は、年功制を弱め、賃金カーブの形を変え始めている。

「社歴」で評価しない会社。それはいつでも誰でも仲間になれるフラットな世界であると同時に、厳しい実力主義の世界でもある。

管理職の女性比率43%--。日本の平均を大きく上回る数字を実現した女性本部長は言う。
「女性も男性も長く働ける時もあればそうでない時もある。ありのままの姿で働けるように」
すべての人を包む哲学。急ごしらえの女性登用の掛け声とは無縁だ。

「ハンディ0を目指して」

女性の就業率を年代別に表した曲線は、長く「M字カーブ」として知られてきた。結婚や出産、子育てを経験する20歳代半ば~30歳代で就業率が低下し、曲線の中央にくぼみができるのだ。

だが近年、このM字の「谷」が消えつつある。出産・育児をサポートする企業や家族の意識変化で、女性が職場にとどまりやすくなったためだ。家族と過ごす大切な時間が仕事上のハンディになるという、働く女性の悲劇は、徐々に解消されつつある。

それでも課題はある。働く女性の数はたしかに増えたが、40歳代以降は非正規雇用の割合が非常に高い。責任ある地位、リーダーへの道はまだ細々としている。イケア・ジャパン、スターバックスコーヒージャパン、ファーストリテイリング……。パート社員や契約社員の「正社員化」に挑むこうした会社が、その道を押し広げようとしている。

女性の年代別就業率と非正規社員の比率

このグラフについて
2009

夢を実現するために、若者たちは海を渡る。
中国から、フィンランドから、ポルトガルから、アルゼンチンから、東京・渋谷に集った4人の青年。
彼らの目に、日本は夢と希望に満ち、輝いて見えた。

「世界が支えるTOKYO」

かつて、日本の首都・東京がアジアの中心であることは誰にとっても自明に思えた。しかし、日本が「失われた20年」を経験する間に、中国や韓国、東南アジア諸国が台頭。いまや東京は世界の都市間競争から落ちこぼれないよう必死に努力する立場だ。

東京都に暮らす外国人は約40万人。過去35年で3.5倍に増えた。江戸川区では、「2000年問題」への対応で来日したインド人のIT技術者がコミュニティーを作り、今では約2000人が暮らす。渋谷区には、「クール・ジャパン」に引き寄せられた若手技術者が集う。

彼らは単なる「労働力」ではない。異質な知恵や文化を日本にもたらし、イノベーションを促す。強くなるために、外の力を借りることは不可欠だ。もっと働きやすく。日本の変革を、彼らも待っている。

取材
小川望、斎藤一美、高田学也、名古屋和希、武類雅典
制作
青島由紀子、菊地武志、木村俊範、河本浩、財満大介、澤紀彦、清水明、山崎亮
取材協力・資料提供
楽天、日立製作所、ウィンド・パワー・いばらき、イケア・ジャパン、サイバーエージェント
データ出典
NEEDS(日本経済新聞デジタルメディアの総合経済データバンク)
賃金構造基本統計調査(厚生労働省)
労働力調査(総務省)
外国人人口統計(東京都)