アジア最新ニュースの掲載を始めました
アジア > コラム > スペシャル

スペシャル

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

留学生らは日本と企業風土が大きく異なることに驚いた(シンガポールで働く人たち)=ロイターロイター

 ここ数年、世界的な評価が上昇しているシンガポールの大学。近年は日本からの留学生も増えている。当コラム(2016年8月11日公開)でシンガポールの大学事情を扱って以来、この…続き(1/21)

自動小銃を手にする市長時代のドゥテルテ氏(左)(1980年代後半、ダバオ市)=ロイターロイター

 フィリピンのマルコス独裁政権が1986年に「ピープルパワー革命」で倒れると、検事として不正摘発で名を上げたロドリゴ・ドゥテルテ氏は、ダバオ市の副市長に任命された。88年に…続き(1/16)

ダバオ市の副市長に任命された頃のドゥテルテ氏(1987年)=ロイターロイター

 フィリピンのドゥテルテ大統領(71)が2016年6月末に就任してから、半年が経過した。死者を出すこともいとわない強硬な薬物犯罪捜査を進め、連日のように暴言を振りまいている…続き(1/10)

中国人民銀行は不動産バブルの抑制に注力している(10月、上海の建設現場)=ロイターロイター

 アジアの有力上場企業約300社を対象にする株価指数「日経アジア300指数」が下落基調にある。米国の利上げペースが加速するとの予想が増え、アジアからの資金流出への懸念が株価…続き(1/4)

中国は過剰生産設備の解消が遅れ、鉄鋼などのダンピングが世界的に問題視されている(山西省の製鉄所)=ロイターロイター

 2016年のアジア情勢は波乱に富んだものとなりました。中国経済の減速の影響は広くアジア、そして世界に波及し、政治面では各国で新たな指導者が相次ぎ誕生しました。朴槿恵(パク…続き(2016/12/30)

TPPからの離脱を明言しているトランプ次期米大統領には、アジア各国から失望の声が上がっている=APAP

 2017年、日本と世界の経済・政治はどう変わっていくのか。日経新聞のベテラン編集委員の見通しを、このほど出版した『これからの日本の論点 日経大予測2017』(日本経済新聞…続き(1/3)

習近平・中国国家主席(左)とトランプ・米国次期大統領=AP

 2017年、日本と世界の経済・政治はどう変わっていくのか。日経新聞のベテラン編集委員の見通しを、このほど出版した『これからの日本の論点 日経大予測2017』(日本経済新聞…続き(2016/12/30)

クリスマスの装飾は年末商戦の盛り上げに欠かせない(12月20日、ジャカルタのショッピングモール)

 クリスマス商戦まっただ中のインドネシアで、イスラム教団体の出した「サンタクロース禁止令」が波紋を広げている。急進的なイスラム教団体が、一部の都市ではイスラム教徒の従業員に…続き(2016/12/24)

 中国人が日本で大量に商品を購入したり高額な買い物をしたりする「爆買い」が変質している。中国の個人消費全体は堅調であり中国の7-9月期のGDP成長率は前年同期比6.7%、こ…続き(2016/12/2)

 韓国国会は9日、朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾訴追案を粛々と可決した。弾劾可決は12年前の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領以来2回目。前回は大統領や与野党幹部も想定しない「…続き(2016/12/9)

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]