私が見た「未来世紀ジパング」

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ベトナムで日本ブーム 反中感情が促す日越接近
編集委員 後藤康浩

(1/2ページ)
2014/7/12 7:00
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
印刷
リプリント
共有

 中国の南シナ海への進出は、今やアジアの安全保障の最も大きな危険因子のひとつになった。そのなかでも最も緊張しているのはベトナムと中国が領有権を争う西沙(パラセル)諸島である。ベトナムで「ホアンサ」と呼ばれる西沙諸島海域で操業する漁民の母港になっているベトナム中部沖合のリーソン島を今回、「未来世紀ジパング」のロケで訪れた。

南シナ海で沈没したベトナム船
画像の拡大

南シナ海で沈没したベトナム船

■漁場から締め出されたベトナム船

 港町クアンガイを出航して2時間。150人ほどが乗る旅客船の舳先(へさき)に見え始めたリーソン島は青い海に浮かぶ、白い砂浜をたたえた平和な島にしかみえない。だが、船が港に入って、目に飛び込んできたのは数十隻の小型木造漁船に取り付けられた無数の「赤地に黄色の星」のベトナム国旗だった。公海に乗り出す船が国旗を掲げるのは当たり前だが、40~50トンほどの小型漁船が何本もの国旗を付けているのは、西沙諸島でベトナムの権利を少しでも主張しようという狙いだ。

 「中国の海警の船が舳先から真横にぶつかって来て、この船は横転で3回転もしたんだ」。ベトナム漁船の船長は舷側に開いた穴を示しながら恐怖の瞬間を語った。乗っていた7人の漁民は海に放り出されたところを仲間の漁船に救出されたが船は大破し、船長には25万ドルの借金が残った。「1970年代からホアンサで漁をしているが、中国の船なんか1隻もいなかった。10年前から中国漁船が漁場に現れるようになり、2年前から海警の船がベトナム漁船を蹴散らし始めた。そして今年、石油掘削さ」と年配の漁民が言う。リーソン島の漁民はベトナムでも有数の漁獲量を誇った漁場から半ば締め出された。

 ハノイ中心部から車で40分。日系、米系、韓国系など外国企業の工場が立ち並ぶ一角で奇妙な垂れ幕を発見した。「ホアンサはベトナムのものです。我々はベトナムの友人です」とベトナム語で記され、左にベトナムの国父、ホーチミン元国家主席、右にベトナム戦争の英雄、ボー・グエン・ザップ将軍の写真が掲げられている。どうみてもベトナムへの愛国と忠誠を示す垂れ幕だが、掲げていたのは台湾企業。同様の内容の垂れ幕を中国企業も掲げていた、という。西沙諸島での中越対立を受けて、今春、ベトナム各地で盛り上がった反中デモに襲われないようにするためだ。中国、台湾企業が恐怖心を持つほどに「反中ムード」が激しかったことを物語る。加えて、ベトナムでは1000年以上も断続的に続いてきた中国の支配や79年の中越戦争の記憶から中国への感情は厳しいものがある。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
印刷
リプリント
共有

【PR】

【PR】

私が見た「未来世紀ジパング」 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

伝統文化を維持する国、ブータン

幸福の国ブータン 揺れる幸せの定義

 「国民総幸福(GNH=Gross National Happiness)」--。不思議な言葉だが、聞いた途端にその発想の古くて、新しい響きに打たれる。2008年9月、ブータンのティンレイ首相が国連総…続き (5/24)

日立製作所は鉄道の輸出に乗り出している

日本の技とおもてなし 鉄道輸出「総合力」で勝負

 今年は日本の鉄道にとって話題の多い年になった。3月14日には北陸新幹線が金沢まで開業、4月21日にはリニアの最新車両のL0(エルゼロ)系が山梨の実験線で時速603キロの世界記録を達成した。2027年…続き (5/10)

世界全体では魚の消費量は伸びている(シンガポールの魚市場)

日本の魚食、まるごと売り込め 新鮮力は物流力

 日本の国土面積は世界62位で陸上では小国だが、領海と排他的経済水域(EEZ)を合計した管轄海域でみると世界で6番目の海洋大国となる。中国を大きく上回り、ロシアと肩を並べる。日本は海洋資源に恵まれ、な…続き (4/12)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

リーダーのネタ帳

[PR]