日経産業新聞 Editor’s Choice

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

髪フサフサ再び 資生堂、再生医療で商機探る
慶応大、iPSで毛包作成

(2/3ページ)
2014/6/1 7:00
共有
印刷
その他

 ただ、毛根が少しでも残っている場合は、毛髪の再生医療はグッと身近になる。それが資生堂がカナダのベンチャー、レプリセルライフサイエンスから技術を取り入れて開発を目指す再生医療製品だ。

■11月事業化へ

 患者の頭部の毛髪のある部分から直径5ミリメートル程度の頭皮を切り取り、「底部毛根鞘細胞」と呼ばれる毛髪の成長に影響を与える細胞を分離する。数カ月かけて分離した細胞を培養したのち、脱毛部に注射して、その周囲にある細く力を失った毛根を活性化させるというものだ。

画像の拡大

 一見単純なようだが、「底部毛根鞘細胞」を毛髪成長能力を保持したまま、培養するための独自技術があるという。既に海外では臨床試験(治験)を開始し、安全性が確認されている。今後はどのような量を注射するともっとも効率的か、その用量を探っていく。

 資生堂は今月、神戸市のポートアイランド内に毛髪再生医療の拠点を開設。細胞培養施設を設置し、月10人分程度の再生医療製品を作製する。11月にも医療機関以外で再生医療に用いる細胞の培養を認める再生医療等安全性確保法(再生医療新法)が施行される。そこで事業化し軌道に乗れば、量産体制を整える。

 資生堂新領域研究センターの岸本治郎再生医療プロジェクト室長は「当初は脱毛外来を持つ大学病院などの基幹病院で、有効性を確認しながら提供し、2018年には広く使えるようにしたい」と話す。

 気になる価格も、「自毛植毛と勝負できる価格設定にする」(岸本室長)。治療費は数十万円程度に抑えられる可能性もある。国内の化粧品ブランドの立て直しを急ぐ資生堂の収益源となるかもしれない。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

日経産業新聞 Editor’s Choice 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

NECの顔認証技術を使った出国審査システム

NEC、世界屈指の顔認証技術でAI人材1000人確保へ [有料会員限定]

 NECが人工知能(AI)関連の人材確保に力を入れている。AIビジネスが急速に広がり、世界的な人材獲得競争が繰り広げられる中、同社はグループのAI人材を2020年までに7割増の1000人規模にする。数…続き (8/13)

16日に発売されるiPhone7プラス(左)とiPhone7(右)

電子部品価格が上昇基調、iPhone特需で笑うサムスン [有料会員限定]

 7~9月の主な電子部品・材料の取引価格は、米アップルの新型「iPhone」関連の需要で上昇基調が続きそうだ。新たに搭載が見込まれる有機ELパネルや、不足が続く半導体メモリーの高値が見込まれる。iPh…続き (8/12)

システムの共同開発を発表した(左から)JAXA航空技術部門の町田茂氏、ボーイング・リサーチ&テクノロジーのチャーリー・スヴォボーダ氏、ボーイング社の実証プログラムのリーダーを務めるダグラス・クリステンセン氏(2日午後、東京都千代田区)

国内随一、JAXA航空部門 乱気流を検知し事故防ぐ [有料会員限定]

 JAXA(宇宙航空研究開発機構)といえば宇宙開発の印象が強いが、航空機研究の国内随一の拠点でもある。母体のひとつ、航空技術研究所(NAL)のDNAを引き継ぎ、未来の航空機を見据えた研究を続けてきた。…続き (8/6)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月18日(金)

  • アップルは、ぼくらの手元から「AR革命」を起こすかもしれない―「ARKit」の知られざる可能性に迫る
  • スマートロックが解錠不能に、顧客500人に影響―アップデートの不具合が原因
  • 6本脚で這い回るクモ型ロボット「HEXA」を中国企業が開発

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月18日付

2017年8月18日付

・リオ・ティント、リチウム生産へ前進
・集中力測る眼鏡型端末、ジンズがeスポーツで需要開拓
・東芝ライフ、美的傘下に入り1年 2017年通期黒字化に自信
・物流倉庫利用しやすく、VBが新サービス 小規模・短期間でも仲介
・内装材、美をリアルに アイカ工業…続き

[PR]

関連媒体サイト