ニュースの深層

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

宙に浮く日本初の位置天文衛星 国際情勢が翻弄

2014/5/17 7:00
共有
保存
印刷
その他

 完成しながら飛び立てない日本の人工衛星がある。星々の正確な位置を観測して宇宙のカタログをつくろうと、国立天文台などが進めている計画の第1号衛星「ナノジャスミン」。ウクライナのロケットで、ブラジルから打ち上げようとしたが、ブラジルの発射場建設が遅れ、衛星は現在、東京大学で「休眠中」。さらにウクライナ情勢の緊迫が追い打ちをかけている。

ウクライナ情勢に揺れる人工衛星、完成3年飛び立てず。日本初の位置天文観測衛星「ナノジャスミン」、2015年打ち上げ目指す

ウクライナ情勢に揺れる人工衛星、完成3年飛び立てず。日本初の位置天文観測衛星「ナノジャスミン」、2015年打ち上げ目指す

■宇宙の精密地図を作製するはずが…

 飛び立てずにいるのは、日本初の位置天文観測衛星「ナノジャスミン」。重さ35キログラムの超小型衛星で、国立天文台や東京大、京都大の学生らが中心となって開発した。恒星の位置や運動を正確に観測し銀河系の精密な地図をつくるのが目的で、現在、2015年の打ち上げを目指している。

 位置天文観測衛星としては欧州宇宙機関(ESA)が1989年に「ヒッパルコス衛星」を、2013年「ガイア衛星」を打ち上げてリードしているが、日本も超小型衛星「ナノジャスミン」を打ち上げ、欧州の観測データと照合することで、精度の高い星の地図をつくろうと考えた。第1号の超小型「ナノジャスミン」に続き、第2号衛星「小型ジャスミン」、第3号衛星「中型ジャスミン」まで、3ステップの打ち上げ計画を立てている。

 打ち上げを待っているのは、第1号衛星「ナノジャスミン」。2010年には組み立てを完了し、当初、2011年の打ち上げを目指していたが、不運が襲った。

■ブラジルの建設遅れから負の連鎖に

 日本のロケットで日本から打ち上げるのではなく、旧ソ連のロケット・ミサイル技術を継承したとされるウクライナの「サイクロン4」というロケットで、ブラジルのアルカンタラ射場から打ち上げを計画していた。ロケットはあるが自国に発射場がないウクライナ、発射場をつくりたいがロケットがないブラジル、人工衛星を打ち上げたいが費用や軌道などの面で日本からは打ち上げられない日本の3つがタッグを組んだ計画だった。ところが、ブラジルの発射場建設が遅れに遅れ、衛星は現在、東京大で保管され出番を待つ状態が続いている。

 日本のロケットに乗り換えようにも、日本は安全性の要求レベルが高いうえ、切り離し装置の違いなどから大幅な設計変更を迫られるなどの事情もあり、容易ではない。

 ウクライナからの要請でようやくブラジルが発射場建設を急ぎ始めた矢先に襲ったのが、ウクライナ情勢の緊迫。ウクライナとの連絡も滞り始めたという。

 プロジェクトを推進する郷田直輝・国立天文台JASMINE検討室室長は、「日本の天文学者でウクライナ情勢を気にしているのは私ぐらいでしょうか」と苦笑交じりに、国際情勢に揺れる胸の内を語る。

(映像報道部 菊次正明)


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

ニュースの深層をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

ニュースの深層 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

シャープ代表取締役社長の戴正呉氏(左)と同社代表取締役副社長兼管理統轄本部長の野村勝明氏(右)

目指すは「人に寄り添うIoT企業」、新生シャープへ大改革 [有料会員限定]

2016年春に総額3888億円の出資を受けて台湾・鴻海精密工業(通称:フォックスコン)の傘下に入って約1年。シャープが輝きを取り戻しつつある。こうした姿が、シャープが2017年3月13日に大阪府堺市の本社で開催した、…続き (5/26)

アプリを用いた臨床研究が活発になってきた。写真は順天堂大学による眼科領域の臨床研究用アプリ「ドライアイリズム」

慶応医学部「iPhoneアプリ臨床研究中止」の波紋

 慶応義塾大学医学部が2017年2月末に発表した1本のニュースリリースが波紋を広げている。2015年11月に公開したスマートフォン(スマホ)向けアプリ「Heart & Brain」の提供を、2017年…続き (5/19)

写真1 断層が建物の直下に露出し、利用不可となった東海大学阿蘇キャンパス。同大学は阿蘇キャンパスについて、現地での再建を断念。利用可能な農場などは再整備したうえで、2018年度以降に実習などに使う方針を示している(写真:日経アーキテクチュア)

熊本地震「活断層」の教訓、地盤ずれに対応した安全策を [有料会員限定]

 2016年4月に発生した熊本地震では、断層による地盤のずれが直接の原因となる建物被害が生じた。発災から約1年がたち、今後の施設や街づくりの方針を検討するなかで、活断層の危険をいかに克服していくかが課…続き (5/17)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年5月30日付

2017年5月30日付

・システムの変更、簡単に履歴追跡 SCSKがツール、不具合原因、早期に発見
・脂肪肝、新標的で治療 独ベーリンガーが神戸大と、原因たんぱく質を特定
・ムーンスター、靴の廃材、9割を再生 福岡・久留米工場、地元企業と連携
・IHI、ターボ生産に60億円投資 燃費規制で需要増
・アイル、SEの負担軽減、残業ゼロ目指す…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト